リーチザクラウン産駒、初重賞制覇

キョウヘイ
                     ※画像はnetkeibaニュースのものとなります


本日泥んこ馬場で行われたシンザン記念で、リーチザクラウン産駒のキョウヘイが後方一気を決めて優勝。父に初めての重賞勝利をプレゼントしました。

ちょこちょことスペシャルウィークのファンだった事をアピールしているように、リーチザクラウンもPOGで指名していた事も相まって、活躍を期待していた一頭でした。
残念ながら本馬自身はGⅠを制覇する事は叶わず、種牡馬入りも危ぶまれましたが、西山茂行氏の温情により繋養される事となりました。正直この時点で、その仔が活躍するとは全く思っていませんでした

それがJRAに登録された少ない産駒が夏場にぽんぽんと勝ち上がり、何と社台SSへと移籍する事に。その後、産駒の活躍は尻すぼみとなりましたが、その不安を拭い去るキョウヘイの快走でした。
まあ、レース自体は色々なタラレバがありましたが、競馬は結果が全てとなります。アルアインはちょっと可哀想でしたが…。


数年後にキャロットや東サラでリーチザクラウン産駒が募集される事を楽しみに待ちたいと思います。…まだまだ先の話だなぁ。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment