2016年回顧録

2016年も後僅かで終わりを告げようとしています。今年は一口馬主的にはキビシイ年となると思っていましたが、前半は想像以上に苦しみました。
何と言ってもショックだったのは、志半ばで引退となったラブラバードのアクシデント。準OPを快勝し、OP馬に昇格した直後の出来事でしたので、今でも残念に思います。
厩舎関係者も名伯楽から引き継いだ大事なOP馬を単純な過失で怪我をさせるとは思えませんが、何とかならなかったものかと思われて仕方ありません。まあ、覆水盆に返らずなんですけどね。

ほぼ同時期にフロアクラフトが繁殖入りの為に引退。コンスタントに32戦も走ってくれた孝行娘でしたが、今後は母としての活躍に期待したいところです。
初年度はロードカナロアを迎えたようですが、引退間もなくに交配されたようですので、少々不安な面はありますね。

レースに出走すらない日々が続いたり、ロケットダッシュヴィグラスムーヴの目を覆いたくなる結果があったりしましたが、それらを全て払拭させたのがネオリアリズムの札幌記念制覇。モーリスを抑えて逃げ切った時はもう大興奮でした(笑)
その後、マイルCS3着・香港マイル9着と夢を見せてくれましたし、感謝の気持ちしかありません。


さて、前置きが長くなりましたが、2016年の最終的な結果は以下の通りとなりました。

★2016年成績★


23戦 (2-2-3-3-0-13 海外の戦績含む)
主な勝ち鞍:札幌記念(GⅡ)・御堂筋S(1600万下)



何とわずか2勝という体たらく
とは言えども、上げた2勝の内容は濃いもので、言わずもがなのネオリアリズムの札幌記念とラブラバードによる松田博師の花道を飾った御堂筋Sでした。
特にラブラバードの御堂筋Sの勝利には感極まって、WINNERにコメントを投稿(不採用)したり、優勝賞品のメダル購入に応募(3人しか購入希望者はいませんでしたが落選)したりしました。結果は散々でしたけどね(笑)

ロケットダッシュとヴィグラスムーヴの吉田厩舎組にはまあ色々と言いたい事もありますが、ここでは割愛します。お疲れさまでした。

2歳馬たちはまだまだこれからです。キャロットの2頭の牝馬に関しては素質の片鱗を見せてくれているので、来年の活躍を期待したいです。
新たに入会した東サラのレッドカイラスは……、厩舎の勢いに期待ですかね


ラブラバードの引退を切欠にセカンドクラブとして東サラに新たに入会しましたが、やはりキャロットと比べると色々不満な点があるのは否めませんね。
とりあえず、現時点で3頭出資していますが、来年は相当気に入った血統馬がいない限り、キャロットのみの出資とするつもりです。まあ、今年同様来年の抽選も全滅するようなら、話は別ですが。


収支に関してはまた年明けてから別記事にて記載したいと思います。奇跡のV時回復でなんとか今年もプラス収支で終われました。
ありがとう、ネオリアリズム!!

…あ、東サラと合算させると普通にマイナスでした



それでは、これにて今年の更新は終了となります。
皆さま、佳いお年をお過ごしください


スポンサーサイト

2 Comments

濱田屋  

No title

あけましておめでおとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします。

今年はネオリアリズムで大きいところを勝ち、新しい共通の馬ができたらいいですね♪

2017/01/01 (Sun) 17:16 | EDIT | REPLY |   

猪鹿蝶  

濱田屋さん

返信が遅れまして申し訳ありません。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


濱田屋さんの選んだ馬たちは良い馬が多いので、ご一緒になったら安心します(笑)

2017/01/03 (Tue) 15:50 | REPLY |   

Post a comment