今週の出走馬 2016/12/11 【ネオリアリズム 香港マイル(GⅠ)】

ネオリアリズム 5歳 牡 栗毛

ネオリアリズム


12/8  香港・シャティン競馬場
8日は軽めの調整を行いました。
「美浦から成田、成田から香港と移動が続き、またネオリアリズムにとって初めての飛行機での輸送だったため上手にこなせるかどうかが最初のポイントでありましたが、無事にこなして先週末にシャティン競馬場へ到着しています。まずは美浦を出発する前の段階で飛行機が30分ほど遅れそうだという情報が入ったので、美浦を出発する時間自体を遅らせてもらいました。そのため、成田に着いてから出発するまでに長く待たされずに済みました。いざ飛行機に乗り込んで現地へ飛び立ち到着してからの様子も、心配していたようなことはありませんでしたね。対応してくれたスタッフたちが“まるで一度行ったことがあるようだね”というほど上手くこなしてくれました。日曜日は運動のみ、月曜日は乗り運動を行いました。輸送だけで10キロ弱のマイナスで、月曜日の計測では出発時に比べると15キロほど減っていました。ただ、輸送対策で水やカイバなどを微調整したところもあってのものですから、これは想定の範囲内です。実際、一緒に行っているモーリスやサトノクラウンもほぼ同じ馬体減でしたし、問題ないと見ていました。とは言え、その2頭はこれまでに遠征の経験があります。一方でネオリアリズムは海外遠征が初めてということ、そしていつも輸送によって環境が変わった時に気持ちの波が出るということもあって、数日は落ち着きがややないような状態でした。しかし、それも織り込み済みで、これまでの牧場とトレセンへの移動、函館、札幌、小倉への移動した時に大体3日ほどで落ち着いてくれるという経験がありました。それも頭にあったので慌てずに対応していたところ、ここに来て緊張状態が徐々に取れてきており、カイバも食べることができています。ただし、先週追い切って、そのあと輸送によって移動してきたという過程から馬体が若干硬くなっているところもありますので、ここまでは体を解すようにじっくりと乗るようにして、まずまずの状態になりつつあります。今のところ、メンタル面が徐々に快方へ向かっていることから明日終い重点の追い切りを行う予定にしています。ライアンに乗ってもらう予定なので、どういった形で実戦へ向かっていくかなどを含めて相談していくつもりです」(堀師)
11日のシャティン競馬(香港マイル・芝1600m)にムーア騎手で出走いたします。

12/9  香港・シャティン競馬場
9日にシャティン競馬場芝コースで追い切りを行いました。
「初めての場所へ行ったときの慣らし方を知っていたとは言え不安な部分もあったわけですが、初めての海外遠征でも他馬と同じくらいのタイミング、レベルで体調は整ってきている状況にあります。現地のほうが気温が高いため運動量的にはそこまで課さなくても整いやすく、実際に昨日までの段階でだいぶ心身のバランスが整ってきたと感じていました。それで本日ライアン騎乗で最終追い切りを行うことにしました。意識することはいくつかありましたが、まずはレースが2日後ですのでやりすぎないようにすること。そして芝コースを経験させたいということです。あとは、今回はメンコを外してチークピーシズを着用することにしたので、その感触をライアンに確かめてもらうということがいちばんの目的でした。落ち着きがあって、チークピーシズを着けても折り合いは良かったですし、予定通りの調整ができたと思える動きでした。昨日よりも今日のほうが水分を含んだ馬場コンディションであり、ちょっと硬さのある馬ですからこういった馬場も含めて騎乗者の印象もいいものでした。あとは、今回なぜチークピーシズを着用してみたかですが、気が悪いとは言わないもののマイルチャンピオンシップを振り返ると要所要所の反応に鈍さが見られたからです。そして、お兄さんも着けていたことがありましたし、精神的に難しさがあることからこういった馬具の助けがあってもいいのではないかということで決めました。ゲートの駐立確認も行いましたが問題はありませんでしたし、スターターと当日のことについてのコミュニケーションもしっかりと取っておきました。他にパドックのスクーリングを予定していたのですが、今回報道関係の方々の申請の数が春に比べて3倍以上あるといった状況で、ましてや昨日ではなく金曜日となると注目が集中します。至近距離でもあるため、慣らすつもりがこの馬の精神状態を考えた時に却って悪影響になることが想像できたことから、キャンセルすることにしました。色んなことがありますから一つ一つ慎重に判断、対応し、より良い状態に整えてレース当日へ向かいます。相手もいることですし、そう簡単なレースではないでしょう。近々にいい番組がないということもありましたが、この馬にとってのいいチャレンジになってくれればという思いもあって今回の海外遠征を決めましたから、良い走りを期待しています」(堀師)
11日のシャティン競馬(香港マイル・芝1600m)にムーア騎手で出走いたします。


相変わらずのコメント量で実に読み応えがあります(笑)
輸送も問題なくクリアし、落ち着きもあるようですので、力を出せる状態であると言えそうです。前走から間隔のつまった難しい状況の中、丁寧に仕上げて頂いたスタッフの方々には頭が下がる思いです。

香港マイルの現時点でのブックメーカーの人気は割れており、ネオリアリズムはその人気の一角を占めている感じとなっています。日本のPATでの馬券の発売は明日の10時からとなっていますので日本独自のオッズ今の所不明ですが、ほぼ確実に3番人気以内に収まりそうです。

ムーア騎手のインタビューにもありましたが、香港マイルは全馬にチャンスがあるとの事ですので、位置取りが非常に重要になりそうです。
ガツガツ行くような逃げ馬が見当たらないので、どの馬がハナを叩くかすら予想出来ません。色々な想像をしながら、明日の出走の時を楽しみに待ちたいと思います


スポンサーサイト

2 Comments

まこと  

No title

猪鹿蝶さん、こんにちは。

いよいよですね。
人気は割れています。
どの馬にもチャンスがありそうですね。

しっかりと力が出せるレースになってくれれば、そしてスムーズならやれると思います。

頑張って欲しいですね^^

2016/12/11 (Sun) 14:27 | EDIT | REPLY |   

猪鹿蝶  

No title

>まことさん

現在香港ヴァースが終了したところですが、サトノクラウンが見事に大金星!

ネオリアリズムも続いて欲しいですね^^

2016/12/11 (Sun) 15:23 | REPLY |   

Post a comment