ロケットダッシュ、お疲れさま

ロケットダッシュ 6歳 牡 鹿毛

ロケットダッシュ


10/25(引退)
「先週の競馬は内目の枠からのスタートとなりましたが、最初から楽な感じで前に行くことができましたし、道中はスムーズに進めることができていました。ただ、それにしても最後の伸びが物足りませんでしたね。直線競馬は外枠が有利とはいえ、あの手応えならばもっと脚を使ってくれてもいいのですが…。ジョッキーはうまく乗ってくれたと思いますし、年齢的なものもあるのか現状は気持ちの面が影響してレースで力を出し切ることができていません。いいスピードを持った馬で何とかこのクラスも勝たせてあげたかったのですが、このようなことになってしまい本当に申し訳なく思っております」(吉田師)
展開に注文がつき脆い面はあるものの、その反面、勝つ時はスムーズな展開から非常に強い内容の競馬を見せてくれました。昨年の新潟で2着に来た時のレース内容が良かったことから、それ以降も条件を絞って出走させてきましたが、ここ最近は二桁着順が続くなど結果は伴ってきません。このような状況から吉田直弘調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


レース後のコメントの末尾がいつもと異なっていたので、来るべき時が来たかなと思っていました。
加齢による衰えというより、集中して走る気をなくしているようですので、これ以上の変わり身は望めないのでしょう。まあ、最後に中距離ダートを試してみて欲しかったかなとは思いますが。

しかし、何と言うか勿体無い馬だったなぁと思います。栗東坂路でラスト一ハロン11.7の時計を出せるように脚力はあるのです。素質はあれども、脆い気性で力を出せないレースばかり。
まあ、それを何とかするのが調教師の腕の見せ所だった訳ですが・・・。

今後乗馬となるのか、地方へ転出されるのか分かりませんが、良き第二の馬生を過ごして貰いたいものです。


奇しくも、2010年産の出資馬3頭が年内に揃って引退する事となりました。健康で文化的な最低限度の一口馬主生活を支えてくれた世代ですので、寂しい限りです


スポンサーサイト

2 Comments

駿平@もみじ鯖  

お疲れ様です。いつかは訪れる別れですね。
今日は1週間で一番楽しみ(嘘です)の更新がありました。
体重増えてた~(笑)これは安心しました。でも、コメントにやたらと脚元がと書かれてると血筋で分かってても意識するから書かないでって思います。カイラス君もこんな感じですかね→親切心の押し売り。
自分は繋ぎとかわかんないんで昔某漫画で見たジャガイモに脚を付けたイメージで馬を見て選びました。歩くときのバランスがどうなのかと全体的な雰囲気で馬体重が460キロ前後のイメージが付き添うな馬(ダート、短距離除いて)をチョイスしてみました。馬はガラスの脚ですから、重いのは…って考えています。まぁ日本の馬場は軽いので無駄な負荷がない方が良いのかなって。余談でした。

2016/10/26 (Wed) 01:36 | REPLY |   

猪鹿蝶  

No title

>駿平さん

まあ、特に問題はありませんって事の表現の一つなんでしょうね。
レッドカイラスについてはもう少し言葉を選んで欲しいなぁとは思いましたが。

自分も馬体に関してはそう詳しくはなく、余り見る眼に自信はありません。特に若駒はどんどん馬体に変化が起きますからね。
なので、馬選びの際に主に注目しているのが血統・厩舎・馬格となってます。
故障のリスクを考えると、大き過ぎても良くない事は身に染みました(笑)

2016/10/26 (Wed) 21:44 | REPLY |   

Post a comment