'14年産近況及び厩舎情報 【ヴィルデローゼ 2016/09/06~09/08】

ヴィルデローゼ 2歳 牝 黒鹿毛

9/6  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいます。順調に動かせており、先週後半からは終い15秒ぐらいまで伸ばす調教も始めて、移動を視野に入れた調教にも取り組んできましたが、検疫が確保できたとのことで明日の入厩が決まりました。いい状態で送り出せると思いますよ」(NFしがらき担当者)

9/8  石坂厩舎
7日に栗東トレセンへ帰厩しました。8日は軽めの調整を行いました。
「水曜日、無事帰厩しました。今朝は軽く坂路を上がっています。厩舎から出るときや坂路など他の馬が多い場所ではちょっとピリピリしたところを見せますが、馬房では”こんなに従順な馬がいるのか”と思うほど、おとなしくてかわいい馬です。カイバも時間はかかりますがすべて食べてくれていますよ。環境に慣れるまでは慎重に接していくつもりです」(松岡助手)


しがらきで乗り込む事無く、あっさりと栗東へ入厩の運びとなりました。既にゲート試験には合格していますので、デビューまでノンストップとなります。
相変わらずエンパイアメーカー産駒は不振気味で、2014年産の馬はここまで20頭デビューしましたが、勝ち上がったのはわずかに1頭。流石に少々不安ではあります。
このような不安を吹き飛ばすような追い切りを先ずは見せて欲しいものです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment