'14年産近況及び厩舎情報 【レッドカイラス 2016/08/31~09/08】

レッドカイラス 牡 栗毛
父ステイゴールド×母フェアリーバラード(BMS:Sadler's Wells)
関西 藤澤和雄厩舎


2016.08.31
(ファンタストクラブ→札幌競馬場)
担当スタッフ「この中間は輸送に備えて坂路は控え、屋内ダートで体調を整える感じで乗ってきました。明日(9月1日)、札幌競馬場に移動してから美浦に連れて行く形となります。牧場で乗っている限りでは気性も大人になっていますし、稽古でも集中して動けています。体の張り艶は相変わらず抜群で馬体重も488キロとしっかり中身が詰まってきた印象です。全体に筋肉がついてきたことで動ける体に変わってきたようにも思います。少し精神的に危ういところを感じないではありませんが、環境が変わっても頑張って欲しいですね」

2016.09.07
(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
9/7(水) 坂路 60.7-44.5-29.2-14.7 馬なり
助手「日曜にこちらに入りました。印象としては上のアルソードより軽さがありそうな感じですね。坂路の走りは、まだ何もわかっておらず、ただ走っているだけという感じですが、フットワークの良さは感じられますよ。上は馬房に入らなかったりと最初から気難しい面を見せていましたが、こちらはここまでは悪さもしないですし、その点では扱いやすいですね。ただ、まだ本性を見せていないだけかもしれないので油断はできませんし、気性面は気を付けて進めていきたいと思っています。今日はゲートを見せておきましたが、嫌がる感じもなかったので、このままゲート練習も入れて進めていきます」

2016.09.08
(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。ゲート練習。
9/8(木) 坂路 68.6-51.1-33.3-16.7 馬なり
助手「坂路を上がった後にゲート練習をしました。1回目は後ろ出しで出してみましたが、入りから駐立も大人しく問題なかったですね。感じが良かったので次は消音ゲートで出してみましたが、入りも少しごねましたし、出るのもまだ遅かったです。それでも最初としては問題ないレベルですし、入るのも促せば入ってくれる感じなので、ここから我の強さを出したりしなければスムーズに上達していくと思いますよ。ただ、環境にも慣れてきたのか、普段の所作もうるさいところを見せ始めているので、気性面だけは注意してやっていきたいと思います」


確かに札幌競馬場を経て、美浦に入厩という形をなりました。自分の思っていた形とは全く異なりましたが・・・。
何にせよ先ずはゲート試験を合格する事が第一関門となります。既にうるさい様子を見せているようですので、気性がどう転ぶかが非常に不安ではあります。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment