東サラ'15年産先行募集検討中

22日に東サラの2016年新規募集馬カタログが届き、厩舎及び側尺も発表されました。DVDが添付されていない事が色々と問題になっているようですが、個人的には自分の目を余り信用してないので、特に問題がなかったりします(笑)
ただ、あった方がいいとは思いますので、来年は作成してくれるよう願いたいものです。


今年も東サラから1頭は出資したいと考えていたのですが、血統・厩舎・側尺を加味して一番いいなと思ったのが、レッドエルザの15。はい、今年最高価格のディープインパクト産駒の牡馬です
母は未勝利に終わり、これが初仔にも関わらず募集総額7000万の強気の価格。まあ、確かに良く手入れされた青鹿毛の馬体は見栄えはします。
ただ、無理してこれに出資するなら、キャロットで募集されるウルトラブレンドの15やヒルダズパッションの15の方がいいのではないかとも思ってしまいます。まあ、こちらも良血馬なので1億前後の値段でしょうが・・・。
レッドエルザの15は三振の可能性も高いですが、血統的に1発の可能性を秘めた魅力はあります。


値段も手頃な馬としては、シルバーフォックスの15(牝 父ロードカナロア)デルモニコキャット(牡 父ヴィクトワールピサ)あたりが堅実かなとピックアップ。ただ、この辺りの価格帯の馬はキャロット募集後に出資判断したいというのが、正直なところですが。

まあ、先行出資する・しないを含めて、あと数日悩んでみます。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment