'11年産厩舎情報 【ネオリアリズム 2016/06/16~06/23】

ネオリアリズム 5歳 牡 栗毛

6/16  堀厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒9-57秒7-42秒3-14秒2)。
「入って最初のうちは時計を出すというよりもキャンター調教を入念に行い、体をフィットさせていくよう下地をつくることに主眼を置いて、週末から少しずつ時計になるところも取り入れ始めています。ただ、時計になるとは言っても週末は坂路で14-14くらい、今朝はコースに切り替えて長めから14-14くらいで急かさずに動かすようにしています。コンディション面はまだ何とも言えないところで、硬さ等、気になる部分が出てきやすい馬でもありますから、慎重に上げていくようにしています。今すぐと言うよりは時間をかけて競馬へ向かっていくというイメージを持っていますし、あくまでも順調に行けばという前提ですが、函館の後半戦あたりを狙っていければと考えています」(堀師)

6/23  堀厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒1-56秒1-41秒3-13秒6)。
「大きな問題が浮上することはなく、ここまでは予定通りに来ています。現時点では函館記念を目標にしていこうと思っていますので、逆算して今週は1段階進めた調教を課したいと考えていました。今週は単走での追い切りではあるものの、長めからじわっと負荷を求めています。いくらか時計は遅かったかもしれませんが、動きを見る限り、昨年の夏時期に比べると身のこなしもいいように思います。もちろん完璧とは言い切れず、ところどころ修正点はあります。ハミ受けなどもまだ改善の余地がありますが、体調自体は悪くないレベルで推移していますので、このままある程度こちらでつくってから現地入りをする方向で考えています」(堀師)
7月17日の函館競馬(函館記念・芝2000m)に出走を予定しています。


公式では未発表だった次走がようやく函館記念とコメントされました。後は鞍上が誰になるかが楽しみですね。戸崎騎手かルメール騎手じゃないかなと思いますが、はてさて。

5月・6月の出資馬の出走がなく、収入ゼロが続いています。7月は大黒柱がその分をリカバリしてくれる事を期待します。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment