'11年産近況 【ネオリアリズム 2016/04/05~04/12】

ネオリアリズム 5歳 牡 栗毛

4/5  NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも大きな反動などは見られず、この中間も周回コースと坂路でゆったりとしたキャンターで体を解しています。背腰のケアも欠かすことなく進めていますが、状態はいい意味で変わりありません。すぐの競馬を考えているというわけではありませんから、焦らずにじっくりと取り組んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

4/12  NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「引き続き順調に乗り込んでいます。まだ楽なペースのままですが、特に気になるところはなくなってこの馬本来の身のこなしが見られるようになってきています。そろそろ少しずつ負荷を強めていければと考えているところです」(NFしがらき担当者)


背腰の疲れも抜けて、徐々にペースアップが見込める段階まできました。
順調ならメイSあるいはエプソムC辺りで復帰戦を迎えると思いますので、まだしばらくの間、楽しみはお預けとなります。

ダービー卿CTで重賞初挑戦となった同厩のキャンベルジュニアですが、1番人気に推されながらも8着と結果が出せず。とは言えども、すんなり先手を奪ったように速力は相当なもの。素質でミドルディスタンスもこなしてきましたが、適性距離は意外と短めで、ネオリアリズムとは微妙に重ならないような気がします。
これ以上同厩内での争いは勘弁して欲しいとの願望込みですが(笑)




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment