エースドライバー厩舎情報 9/21&フィックルスター近況 9/20

9/21 鹿戸雄厩舎
21日は美浦南芝コースで追い切りました(69秒0-53秒7-39秒1-12秒5)。
「今朝いちばんで追い切りました。雨の影響から芝が固すぎずちょうどいいソフトな状態でしたから、本馬場で追い切っています。相手が3歳の未勝利馬だったのですが、相手にならないくらいこちらの方が余裕のある走りでした。やはりポテンシャルは高く、まともならすぐにいい勝負になるはずなんです。あとはメンタル面ですが、相変わらず普段はそれほど悪いところは見せません。本番の日をいかに過ごせるかでしょうね。あくまでも当日の雰囲気次第なのですが、今のところ厩舎装鞍にして、装鞍から下見所、そして馬場入りはメンコをつけて落ち着かせる予定です。厩務員やジョッキーのそのときの判断に委ねますが、レースは外してノビノビと走らせてあげられればと考えています。前走のことがあるから強気なことは言えませんが、まともならいい結果になるはずだし、そうなって欲しいですね」(鹿戸雄師)
24日の中山競馬(2歳未勝利・芝1600m)に蛯名騎手で出走を予定しています。


三度目の正直となるか、二度ある事は三度あるとなるか楽しみな一戦。
新馬戦を戦ったメンバーが活躍していますので、早くこの馬も続いて欲しいのですが、個人的にはトーセンベニザクラが一枚上手だと思っています。この馬以外には負けないように結果を出して欲しいところです。


9/20(NF空港)
ウォーキングマシンでの運動を行っています。
「リフレッシュ期間を挟んで順調に乗り進めることが出来ていたのですが、この中間に左前胸部に打撲を負ってしまったので、無理をせずにマシン運動にとどめています。ただし、乗って乗れなくはない状況ですし、折を見て乗り運動を再開させたいと思います」(空港担当者)


胸部打撲とは予想外の怪我。脚元でなかっただけマシですが、これでまた少し遅れる事に。来週の更新時には、運動再開されている事を願います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment