2016/01/14 レース結果 【フロアクラフト 雲雀S(1600万下)3着】

フロアクラフト 6歳 牝 黒鹿毛

2/14(西園厩舎)
14日の東京競馬ではまずまずのスタートから好位のインコースを追走する。直線では逃げた勝ち馬には離されたものの、終いまでしぶとく脚を使って3着。
「雨の影響で湿り気のある馬場だったものの回復傾向でしたし、枠を活かして内の好位に付けていきました。勝った逃げ馬を目標にいいリズムで運べ、終いもしぶとく脚を使ってくれましたね。さすがに勝ち馬は強かったのですが、力は見せてくれたと思います」(柴山騎手)
勝ち馬の強さが目立つ競馬にはなりましたが、フロアクラフト自身も持ち味を活かしてしっかりと上位争いに加わってくれました。これまでは外枠に泣くことも多かったのですが、しっかりと流れに乗ることができれば今日のような走りも可能な馬ですから、何とかもうひと華咲かせてはしいものです。この後はレース後の状態や番組を見た上で検討していきますが、問題ないようであればもう一戦する考えです。


外厩から緩めず乗り込んでいた事もあり、10日競馬とは言えしっかりと身体は出来ていました。最終追い切りも4ハロンでは自己ベストを叩き出しており、正直ここはチャンス有りだと思っていました。
勝ち馬が思った以上に強かったですが、フロアクラフトも内からしぶとく脚を使って3着入線。正直2着には持ってきて欲しかった面はありますが、馬は本当に頑張ってくれています。
ただ、展開・芝コンディション・相手関係(結果的には優勝馬のアンタラジーの能力が傑出)と恵まれた一戦だったにも関わらず、勝つ事が出来なかったのは残念と言うしかありません。これ以上の条件を望むのは少々難しい気がします。
現役引退まで後残り1戦。出来れば、引退レースは中京で行われるトリトンSとなって貰えると、最後に応援に行けるのですが。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment