2016/01/11 レース結果 【フロアクラフト 新春S(1600万下)8着】

フロアクラフト 6歳 牝 黒鹿毛

1/11(西園厩舎)
11日の京都競馬ではまずまずのスタートから道中は好位を追走。直線はなかなか前との差が詰まらずに8着。
「スタートは悪くありませんでしたし、すんなりいいポジションにはつけられたのですが、外からのプレッシャーがきつくて力んだ走りになっていました。前の隊列も動きづらい並びで折り合いを欠いてしまいましたし、スムーズに走らせることができませんでした。本当に申し訳ありません」(松山騎手)
「追ってからなかなか伸び切れませんでしたが、決して止まっているわけではありませんし、この馬も最後まで頑張って走ってくれています。ちょっと行きたがるような場面もありましたが、上位とそれほど差が開いたというわけでもありませんしね。引退までに何とかオープンに行かせてあげたいので、次こそ巻き返したいと思います」(西園師)
道中はややスムーズさを欠いてしまうような追走となってしまい、最後もジリジリとした脚色でした。ただ、着順ほどは負けていませんし、次走はぜひとも上位争いを期待したいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認し、特に問題なければこのまま続戦していく予定です。


残念ながら単勝人気通りの結果に収まってしまいました。
ハナがきれるほどのテンのスピードもなく、一瞬の加速で抜け出してこれるような脚もないので、流石に準OPではキビシイ結果が続きます。
残り1戦か2戦となりますが、記録ではなく記憶に残るようなレースを見せてくれる事を期待します。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment