12/27日のレース結果 ~ラブラバード カウントダウンS(1600万下)4着~

ラブラバード 5歳 牡 芦毛

12/27(松田博厩舎)
27日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中は後方2番手を追走。直線は大外に出してよく伸びているが4着まで。
「前走が途中から動いて止まるような形だったので、今日は折り合いを重視して進めてほしいと言われていたのですが、道中はリズム良くいい感じで運ぶことができていたと思います。直線で追い出してからの反応も良かったですし、まとめて差し切れるかなと思ったのですが、最後は坂で止まってしまいました。今日は負けてしまいましたが、内容は悪くありませんでしたし、次はもっと動けると思います」(藤岡康騎手)
一瞬は勝つかと思えたほど仕掛けてからの反応も良かったのですが、あと少しのところで止まってしまいました。ただ、休み明けを使ってレース内容は良化していますし、今度はぜひとも突き抜けてほしいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。


道中はかかる素振りも見せず、直線坂で脚色が鈍ったとは言え、しっかりと脚を伸ばしての4着。準OPでもそれなりにやれる事を示してくれたので、価値ある一戦だったと思います。
あれだけ道中ゆったりと走る事が出来る現状なら、マイルよりも2000M前後の方が安定して結果を出せそうです。一応年明けの9日に2000M戦の寿Sがありますが、ダイシンサンダーやサングレアルといった同厩の準OP馬たちとの兼ね合いもあります。そうすると適当な番組もありませんので、短期放牧に出される可能性も考えておいた方が良いかもしれませんね。

今年最後の出資馬のレースとなりましたが、来年に繋がる悪くない締めだったと思います。来年早々にネオリアリズムが金杯に出走予定となっています。良いスタートが切れると良いのですが。
年内のブログの更新は、そのネオリアリズムの年内最後の更新と1歳馬の更新、2015年の回顧を残しています。…意外と書く事が多いので31日まで更新する事となりそうです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment