あれれ~?(コナン風)

地方競馬デビューするつもりで様子見をしていたマンハッタンの14が気付けば満口に…。
着実に残口は減ってきていましたが、地方馬としては高額の牝馬で尚且つ体質に難がある血統ですので、年内くらいは様子見出来ると思っていましたが、実に甘かったようです。
昨日行われた全日本2歳優駿で同父のトロヴァオが4着に健闘しましたので、その影響もあるとは言え、同じように様子見していた方多数だったのでしょうね。

キャンパスライフの14の残口点灯後に一気に満口となってしまったように、もう様子見とか考えていけるクラブではない事を心がけていた方が良さそうです。キャロット恐るべし…



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment