4歳馬近況 ~ネオリアリズム 10/28・11/3~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

10/28  NFしがらき
28日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「今回は調整過程で万全と言い切れない部分も多少ありましたし、その兼ね合いもあってか馬場の硬さも少なからず影響したのかもしれません。しかし、芝を走らせて良さが出る馬です。そして、この硬さはこの血統の特徴でもあり課題でもありますから、しっかりと理解して良くしていきたいですし、疲れをしっかりと取れるように調整していけばこのクラスでもいい競馬を見せてくれるはずと思っていますよ。レース前の過程から走った分のダメージが出ないかを気を付けていましたが、特に背腰を中心にして心配していたような悪い変化はなさそうに感じます。しかし、だからと言ってこのまま押していくのは決して得策ではないでしょうし、しがらきのスタッフの人たちにもよく話をして託しています。今日いったんしがらきへ放牧に出させていただきます。今後に関しては現時点では未定で、適度に間を取って馬の状態を見てプランを立てていけるか、もうしばらく回復に充てるべきかを判断していきます」(堀師)

11/3  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「こちらに到着後は軽く動かしつつ馬体のチェックを行い、問題がないことを確認してから周回コースで乗り出しています。もともと硬さもあるタイプで、どうしても背腰に疲れが出やすいところもありますから、こちらではしっかりと体を解して背腰のケアを行っていきます。そう大きな反動というわけではありませんし、このまま順調なら長い休養にはならないでしょうから、いいリフレッシュ期間にしたいと思っています」(NFしがらき担当者)


疲れが出やすい体質がパンとしてくるようなら更なる活躍が見込めそうですが、なんとなく引退まで付き合っていかなければならない問題のような気がします。
幸いそう長い休養とはならないようですので、可能ならば年内にもう1回走る姿を競馬場で見たいものです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment