5歳馬厩舎情報 10/21・28及び近況 10/21・27・28

フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

10/21  西園厩舎
21日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はちょっと先頭に立つのが早いかなと思ったのですが、上位の2頭が併せ馬のような形で来る中、最後までよく踏ん張ってくれていたと思います。もう少し内目の枠でも引いて、もっと道中で溜めを利かせることができれば際どいところまで持ち込めたかもしれませんが、負けたとはいえ、力のあるところは見せてくれたのではないでしょうか。レース後はまだ軽く動かしている程度ですが、特に目立った疲れや馬体の傷みもありません。今のところはこのまま次走に向けて調整を続けていく予定です」(西園師)

10/28  西園厩舎
28日は軽めの調整を行いました。
「先週乗り出してからも特に問題なく順調です。しっかりと走ってくれた後なので硬さが出るのではないかと心配したのですが、いいキャンターができています。馬もレース後は少し楽をできると分かっているのか、カイバもよく食べていますし、無駄にテンションが上がるようなこともありません。次は同じ東京の1400mを使うと聞いていますが、中3週とちょうどいい間隔で調整もしやすいですし、次はなんとか勝ち切ってもらいたいですね」(田中助手)
11月15日の東京競馬(奥多摩S・芝1400m)に出走を予定しています。


次走も再び同条件でのレースとなりそうです。
前走手綱を取った蛯名騎手はエリザベス女王杯で騎乗する可能性が高いので、乗り替わり濃厚。福島でも福島記念が行われる為、騎手の確保に苦労するかもしれません。
引退まで残り数戦。無事に繁殖入りするのが最優先ではありますが、何とか嫁入り道具を豪華にしてやりたいものです。




ラブラバード 5歳 牡 芦毛

ラブラバード


10/21  NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンターを2本登坂しています。
「この中間もじっくり負荷をかけていますが、しっかり対応してくれていますね。この調子で乗り込んでいければ徐々に具体的な移動の段取りを組みことができるでしょうから、今後も焦らずに進めていければと思います」(空港担当者)

10/28  NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンターを2本登坂しています。
「引き続き、屋内坂路コースで継続的に負荷をかけていますが、順調ですね。今のところ、11月上旬には本州へ送り出そうと話していますので、更なる状態面のアップを心掛けていければと思います。馬体重は540キロです」(空港担当者)


ようやく具体的な移動が明示されました。まあ、しがらきでもじっくり乗り込むでしょうから、復帰は年明け辺りかと思われます。
しかしながら、本日更新された動画を見てビックリ。一瞬別馬かと思うほど芦毛らしくなっていました。脚元は昔の名残がありますが、顔の辺りは白さが目立つようになっています。
年が明けるともう6歳。競争生活が送れるのは決して長くはありません。準OPの壁は分厚いですが、頑張って貰いたいものです。


ロケットダッシュ 5歳 牡 鹿毛

10/21  NFしがらき
21日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「ジョッキーは『少しついて行った分だけ、最後に甘くなった。あれならもっと仕掛けを遅らせていれば突き抜けていたかも…』とレース後は悔しがる様子を見せていました。とはいえ、このクラスでもスピードは通用しましたし、レースぶりからもこの馬の場合は芝、ダートというよりも、肝心なのはやはり道中でいかに揉まれずに気分良く運ぶことができるか、ということですね。レース後、大きな疲れや馬体の傷みなどはありませんでしたが、しばらく条件の合いそうな番組がありませんので一度リフレッシュ放牧に出させていただきました」(草刈助手)

10/27  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は、ウォーキングマシンで軽く動かしながら馬体のチェックを行っているところです。今のところは大きな疲れは見せていませんが、まずは心身ともしっかりとリフレッシュさせるつもりでじっくりと動かしていきます。馬体重は496キロです」(NFしがらき担当者)


適鞍がないという事であっさりと放牧に出されてしまいました。
折角権利があるので、もう一戦くらいは使って欲しかったのが正直なところ。と言うか、芝もダートも1000万下の1000M戦なんて非常に少ないので、他の条件に使うしかないと思うのですが…。
果たして今回の放牧の期間はどれくらいになるのか、少々不安です。せめて、代わりにヴィグラスムーヴを入れて欲しかったですね(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment