今週の出走馬 9/21 ~フロアクラフト 白秋S(1600万下)~

フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

10/8  西園厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒6-24秒9-12秒2)。
「カイバもしっかりと食べてくれていますし、体調面の問題はなくこの中間も順調に調整が続けられています。水曜日は坂路で普通キャンターを乗ったのですが、落ち着いてしっかりと走ることができていましたし、久々を一度使われたことで身のこなしも軽くなっている感じがしました。来週は3日間開催後で火曜日が全休の上、長距離輸送が控えていますから、今週が最終追い切りというぐらいのつもりで今朝坂路で終いをビッシリとやっています。もともとやれば動く馬ですが、さすがという走りをしていましたよ。これで来週はサラッと脚色を確かめる程度で十分でしょう。鞍上は、秋華賞の裏ということで関東の上位ジョッキーを当たったところ、蛯名騎手が乗ってくれるということで彼にお願いしました」(西園師)
18日の東京競馬(白秋S・芝1400m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

10/15  西園厩舎
14日は軽めの調整を行いました。15日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-38秒8-24秒9-12秒3)。
「今朝は坂路で追い切りました。先週の時点でかなりビッシリとやっていたので今日の追い切りはほとんど馬なりでサラッと。今の坂路は馬場が重たいため非常に走りづらく、時計も出にくくなっているのですが、それをものともせず駆け上がってくれていました。このくらいの数字を楽にマークすることができるあたり、状態のいい証拠ですし休み明けを叩いたことによる上積みも大きそうですね。東京の1400mという条件にも不足はありませんし、きっちりと巻き返してくれると思います」(西園師)
18日の東京競馬(白秋S・芝1400m)に蛯名騎手で出走いたします。


トップジョッキー不在の中、蛯名騎手を確保し、抽選も突破、流れが来ていると思いきや、試練の8枠17番。脚の使いどころの難しいフロアクラフトにとって、実にキビシイ条件となってしまいました。
この馬には敵わないだろうなと思っていたプラヴィッシモが除外となった事で、チャンスはあるなと内心思っていただけに少々残念。蛯名騎手の手綱捌きに期待するしかありません。

ロケットダッシュがまさかの激走を見せてくれただけに、それなりの人気の本馬が凡走してしまうのがよくあるパターン。何とか頑張って結果を残して欲しいものです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment