エースドライバー直線伸びず

9/3(鹿戸雄厩舎)
3日の新潟競馬ではやや掛かりながらも好位を追走。直線に向いて追い出されるもジリジリとしか伸びず後続に差され6着。
「ゲート内は大人しかったし、初戦より出てくれたんだけど、向こう正面でいくらか掛かってしまいました。それでも馬の後ろで我慢させて直線で追い出したんだけど、思ったほどの伸びはありませんでした。素質はあると思うけど、気性が幼すぎますね。装鞍所でも煩かったみたいだし、返し馬も物見をしたり、突然走ったり。レースでも必要のない所で力んで、肝心なところで反応がなくて…。こういうタイプの馬はレース経験を重ねながら良くなると思います」(蛯名騎手)
「今日は装鞍所からイレ込みきつくて、馬っ気を出したり、立ち上がったりしていました。あれだけレース前に消耗しては厳しいですね。レースも集中して走っていないですよね。全力で走っていないから、レース後もすぐに飼い葉を食べられたくらい。今回は休み明けと言うのもあったと思うので、一度使ったことでガス抜きができてこれで落ち着きが出てくると思います。まだまだ馬にお行儀を教えている段階ですし、こちらも装鞍を工夫したりいろいろ考えたいと思います」(鹿戸師)
一番人気に支持されましたが、幼い面をだしてしまい、レースで結果を残すことは出来ませんでした。まだまだこれから覚えなければならないことはたくさんありますが、素質が高いのは間違いありませんので、次走での変わり身に期待したいと思います。


期待の1戦でしたが、結果は掲示板にすら載れずの6着。敗因は上記コメントにある通り幼い気性とハッキリしていますし、勝ち馬から0.4秒差ならそう悲観する事はないと思います。レースの時計自体もそう悪くないですし。

まあ、内心はかなりしょんぼりしていますが、これも競馬の難しさです。素質はあると思いますのでエースドライバーには、私の健康で文化的な最低限度の一口馬主設計の為にも頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment