1歳馬近況 ~ジャッキーテーストの14~

それでは新しくお仲間に加わった'14年産まれの2頭をご紹介。長くなったので、初回のみ1頭ずつの更新となります。


42.ジャッキーテーストの14 牝 青鹿毛
父ディープインパクト×母ジャッキーテースト(BMS:カーネギー)
関西 音無秀孝厩舎


ジャッキーテーストの14


【募集時プロフィール】

意志の強さを感じさせる涼やかな目元と皮膚が薄く艶のある馬体は、日本競馬界の至宝・ディープインパクトの産駒であるとひと目で思わせてくれます。放牧地では早くも父を彷彿とさせる柔軟かつ軽快な動きを披露しており、どれだけ走ってもスッと息が入る心肺機能の高さは天賦の才としか言いようがありません。遅生まれゆえに小柄ではありますが、トモには十分なボリュームがあり、これからの成長過程を想像するだけでワクワクします。背が高くゆったりとした馬体のつくりからも、じっくりと育ててオークスで頂点を極めたいところです。


8/27  NFイヤリング
馬体重:383kg 体高:150.5cm 胸囲:166.0cm 管囲:20.0cm
 

基本馬格のない馬には出資しない方向性でしたが、色々な妄想という裏読みを働かせて出資に至りました。
ノーザンファーム産の数々の名馬を手掛け、クリソライトを筆頭にクラブとの相性も悪くない音無師に、ディープインパクト産駒でそう悪い馬が預けられるとは思わなかった点が一つ。
もう一つがジャッキーテースト自体もデビューした産駒が全て勝ち上がる(募集後に半兄が2勝目を挙げた為、全馬2勝以上)という良好な繁殖成績を持っており、初の関西所属馬という事で何らかの変化を期待しての判断でした。
まあ、本当に出来が良かったのなら、縁のある堀師のような気もしますが…。

種牡馬としては大成出来なかったカーネギーですが、母系に入って良さを出してくれるかもしれません。BMSとしてモーリスが出た事により、将来母としての価値も意外とあるんじゃないかなと思っています。



ジャッキーテーストの14


9/30  NFイヤリング
馬体重:406kg 

現在はNF早来への移動に備え、順調に夜間放牧を行っています。同時に洗い場や背馴らしといった初期馴致もこなしていますが、素直な性格も相まってスムーズにクリアしてくれています。
遅生まれということもあり、現状では小柄なサイズに留まりますが、食欲旺盛で確かな成長曲線を描いていることは間違いなく、このまま育成を進めていくことで見た目にもしっかりとした競走馬へと育っていってくれることでしょう。


あっさりと400㎏を超えてくれた事で一安心。良く食べてくれているようですので、思ったよりも大きくなるかもしれません。月末の更新が楽しみになりそうです。
ただ、やはり遅産まれという事もあり、デビュー自体は遅いと考えていた方が良いでしょうね。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment