4歳馬厩舎情報 ~ネオリアリズム 9/10・15・23~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

9/10 堀厩舎
9日に美浦トレセンへ移動しました。10日は軽めの調整を行いました。
「先週はおめでとうございました。馬の状態は良かったですし、まず大丈夫だろうなと思っていたんです。それなので無事に結果を出すことができてホッとしました。これまではなかなか1000万下クラスをクリアできずに降級となってしまっていましたが、ここに来て徐々に充実してきているのだと思います。それでも課題がクリアになっているというわけではありませんし、まだまだ良化の余地があるでしょうから、引き続き大事に育てていければと思っていますよ。レース後は変わりなさそうに見えましたので火曜日に札幌を出発して昨日こちらへ移動してきています。競馬と輸送の分の疲れは多少なりともあるでしょうし、リカバリーも必要でしょう。このまま進めていくことはせずに、いったんお休みを挟むつもりで考えています。大きな目標を据えるのは今年ではないかなという気もしますし、まずはしがらきでの状態を見ながら秋半ばから終盤くらいのタイミングで使えるかどうかを判断していきたいと思っています」(堀師)

9/15 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後、ウォーキングマシン中心に軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。今のところは特に疲れた様子は見せていませんが、しばらくはこちらで充電させる予定ですし、時間をかけてしっかりとケアを行いたいと思います」(NFしがらき担当者)

9/23 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「ウォーキングマシンを中心に軽く動かして様子を見ていましたが、馬体に異常はありませんでしたし、この中間からは周回コースに入れて調教を行っています。体調面の問題もないので、今後も問題なく進めていくことができそうなのですが、北海道から美浦、そしてこのしがらきへと移動が続いてまだ間もないですから、動かしつつもまずはしっかりとリフレッシュさせてあげたいと思います」(NFしがらき担当者)


札幌で1000万下特別戦を快勝してからは、しがらきにてリフレッシュ放牧中。復帰戦は秋後半という事で、しばらく出走はありません。
本格化の兆しが見えてきましたので、今年引退してしまったハープスター・アダムスブリッジに替わるエースとしての活躍を期待したいです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment