4歳馬厩舎情報 ~ネオリアリズム 8/20・27~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

8/20  函館競馬場
19日は軽めの調整を行いました。20日は函館Wコースで追い切りました(71秒7-56秒4-41秒3-13秒0)。
「先週はじっくり動かしながら次走に備える調整に専念していましたが、ここまでは至って順調に来ていて、気にしていた体のコンディションのほうもまずまずです。硬さが目立ってくることもありませんし、輸送しましたけれど馬体重は前走と同じくらいの数字にはなっています。函館は来週閉まりますから再度札幌へ動かすことになりますが、ギリギリまでこちらでじっくり調整をする方向で考えています。そして、今のところ前走に引き続きルメールさんで行きたいと思っているので最終週を本線に据えています。もちろんそのあたりは先方との兼ね合いもありますから変わる可能性もゼロではありませんが、一応そのつもりで調整を行っています。今朝前走後初めての時計を出しましたけれど、その際の身のこなし、終いの伸びなどを見ていてもまずまずで、この中間も順調に来ることができているということを確認できましたよ」(堀師)
今のところ9月5日の札幌競馬(日高特別・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。


8/27  札幌競馬場
26日は函館Wコースで追い切りました(71秒4-56秒2-41秒1-13秒6)。その後、札幌競馬場へ移動し、27日は軽めの調整を行っています。
「函館競馬場が今週で閉まり、札幌予定馬は水曜日退厩する必要がありました。それなので水曜日の朝に来週の競馬のこと、そして輸送を考慮して追い切りをかけています。調教の動き、上がりの様子に問題はなく、輸送してからの馬体減りもそこまでないようですね。到着後に計測したときは510キロでしたし、大幅に減らすことはありませんでしたよ。わずかな期間でしたが、ウッドチップコースのある函館で調整できたことで、この中間は硬さが増すことはありませんでしたし、いい調整過程を踏めたと思っています。あとはコンディションをよく見ながら来週のレースへ向けてしっかり整えていきます」(堀師)
9月5日の札幌競馬(日高特別・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。


引き続きルメール騎手の手綱で、来週出走となります。
アダムスブリッジの長期離脱で、暗くなった雰囲気を吹き飛ばすような快走をしてくれる事を期待したいです。出資に対するテンションも上がりますしね(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment