3歳馬厩舎情報 8/26・27

キルシュガイスト 3歳 牡 鹿毛

8/27(尾関厩舎)
26日、27日は軽めの調整を行いました。
「先週は良い競馬をお見せできなくて申し訳ありません。もうちょっとやれるとは思いましたが、最後は踏ん張り切れず正直悩んでしまうレースとなってしまいました。レース後の様子を見ているところですが、脚元に多少疲れを感じる状態です。局所的な大ダメージということはないのですが、特に右前脚がいくらかポーッとしていて熱感がありますし、全体的に疲れている印象です。例えば骨だとか腱に損傷箇所が見られるということはないですし、今朝も人が跨って軽くダクなどを踏ませていて異常は感じられないので現状で問題はないと思いますが、経過を慎重に見ていったほうが良さそうです。今後の目標ならびに調整過程をどうしていくかはその状況の変化次第でもありますし、お時間をいただければと思います」(尾関師)


今更じたばたしても仕方がありませんので、出来る限り体調を整えてレースに向かって貰えればと思います。怪我をしてしまうよりはよほどマシです。


アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛

8/26  石坂厩舎
26日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、久々ということもあってか追い出してからの反応が今ひとつに見えました。使って良くなるだろうと思ったのですが、レース後、どうも歩様がもうひとつ良くありません。右前脚に疲れが出ている感じなので、ちょっと慎重に様子を見ていきます」(石坂師)

8/27  NFしがらき
「今朝になっても右前脚のモヤモヤした感じが変わらないので、エコー検査をしたところ、残念ながら屈腱炎であることが分かりました。そう考えると、レースで最後伸び切れなかった理由も分かるような気がします。この秋はなんとか巻き返しをと思っていたのですが、本当に申し訳ありません。まずは放牧に出し、また時間を置いてから検査などを行い程度の確認と今後のプランを検討していきます」(石坂師)
27日にNFしがらきへ放牧に出ました。


日本ダービー出走というツケは大きかったようで、出資馬初の屈腱炎という最悪の結果に…
ハープスター・ラブラバードの繋靭帯炎に始まり、アダムスブリッジまでも長期離脱となってしまいました。
半兄のアダムスピークと同じような軌跡を辿ってきてしまいましたが、何とか軽症であってくれる事を祈ります。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment