2014年産募集馬確定

昨日2015年度募集確定馬が発表、今年も頭を悩ませる時期がやってきました。
先月発表された時点で血統のみである程度は絞っていましたが、最優先候補だったアビラの14(父ドリームジャーニー)が半兄・ジェベルムーサの重賞初勝利かつ関西募集で手頃な金額という事で、人気沸騰確実となってしまいました。厩舎や側尺次第では、落選実績がないとお手上げとなる可能性もあるかもしれません。しょんぼり。

人気のディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒は落選実績がないとまず無理だと思われるので、早々に選択からオミット。募集金額的に強気な値段をつけてきたなという印象で気になる馬が、ピューリティーの14(父ダイワメジャー)シェアザストーリーの14(父ステイゴールド)。両馬とも姉に重賞で活躍馬がいるとは言え、若干高めに設定されていると感じます。出来がいいのかなーと勘繰りたいところです。

後、昨年も悩みましたが、父で人気が落ちるようならブルーメンブラットの14(父エンパイアメーカー)も最優先の候補の1頭。フロアクラフトが引退してしまうと牝馬の出資馬がゼロとなってしまうので、この仔か、あるいはシンハリーズの14(父ダイワメジャー)辺りを無理を承知で狙ってみるかもしれません。

新しくリストに加わった中で、嬉しかったのがセレクションセールでノーザンが落札したベネディーレの14(父ダノンシャンティ)。ダノンシャンティの牡馬が欲しかったので、一般で申込みしたいところですが、昨年のヴィグラスムーヴの事もありますし、難しいかもしれません。
他に一般枠としてはカメリアローズ(父ヴィクトワールピサ)メジロシャレード(父ジャングルポケット)トキオリアリティーの14(父ダノンシャンティ)辺りが気になりますが、どれも人気になりそうな馬たち。厩舎・側尺次第では一般ではキビシイ抽選以上が待ち受けていそうです。


本当は現役時ファンだったルーラーシップの産駒にも出資したかったのですが、いまいち好みに合う血統馬が見当たらず。シルクで募集されているナスカの14に出資したいです(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment