4歳馬厩舎情報 ~ネオリアリズム 8/5・13~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

8/5  札幌競馬場
5日は軽めの調整を行いました。
「改めまして先週はありがとうございました。折り合いに関して上手いと思っている圭太から手が替わることに一抹の不安を感じてはいたのですが、実際のところ折り合いはスムーズでしたね。展開もあるのでしょうけれど、今回は上手に走れていました。そういった点からも良かったです。入厩してからレースまでいつも以上に時間をかけさせてもらい、一からじわりじわりと段階を踏んで調教してきましたからガタッとは来ないのではないかなと思っていますが、強めの負荷をかけるとどうしても硬さが出てしまう馬です。順調ならばそのまま次を考えたいという気持ちも持っているのですが、そのあたりは生き物である馬が相手ですからより慎重に時間をかけて見極めていかなければいけないと思っています。現在はそのまま札幌競馬場で経過を観察しているところで、もう少しお時間をください。状態が思った以上にいいとなれば2000mあたりの競馬を考えていくつもりで最短で中1週もあり得るかもしれません。ただし、札幌の後半戦もあるわけですし、少し時間をかけてと思えるようであれば目標を後ろに置こうと思っています」(堀師)
見送る公算もありますが、早ければ16日の札幌競馬(HTB賞・芝2000m)に出走する可能性もあります。

8/13  函館競馬場
12日、13日は軽めの調整を行っています。
「最短で中1週というプランも考えなくはなかったのですが、前走の高パフォーマンス後ということも考えて2回札幌開催を目指すことにしました。前走へ向かう過程の中で硬さが見られる状態でもありましたし、調教コースがダートだけになる札幌競馬場のままで進めていくよりはウッドチップコースなどもある函館競馬場での調整したほうがいいでしょうから、先週末に函館へ移動させていただきました。あわせて今週の特別登録を見送り次走へ向けた準備を始めています。ただ、環境が変わったことに対してのアプローチもしっかりしなければいけませんので、まずはじっくりと動かすことから始めていますが、今のところ落ち着きもありますし、悪くはなさそうです。大き目のところは早くても週末または来週からでもいいかなとは思っていますので、様子を見つつピッチを上げていくつもりです」(堀師)


場合によっては今週末に出走の可能性がありましたが、自重して札幌開催後半に目標を置く模様。
状態さえ問題なければ、1000万下も充分クリア出来る能力はあるはずですので、次レースが実に楽しみです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment