5歳馬厩舎情報 7/15及び近況 7/28・29・8/4・5

フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

7/28  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「右前脚の腫れについてはほぼ治まっており、週明けからは周回コースでの騎乗調教も開始しています。乗り出してからも大きな反動は見せていませんが、一過性とはいえ脚元が腫れたこともありますし、あまり焦ってペースを上げたりせず、緩めない程度に動かしていきたいと思っています。馬体重は538キロです」(NFしがらき担当者)

8/4  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「脚元については今はまったく問題ありません。周回コースではハロン20秒程度の緩いペースで3000mほど長めにじっくりと乗って、坂路では終いを伸ばすという感じで、しっかりと乗りながらリフレッシュできるように心がけています。馬体も緩んだところはなく、日々いい調教を積むことができています」(NFしがらき担当者)



ラブラバード 5歳 牡 芦毛

7/29  NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、無理のないよう軽めに動かしながら日々のメニューをこなしています。もうしばらくはウォーキングマシンでの運動が続くことになりますので、体を増やしすぎないように注意しながら進めていければと思います」(空港担当者)

8/5  NF空港
トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「状態を見た上でこの中間からトレッドミルでの運動をスタートさせました。まだ騎乗運動を再開するには時間をかけていきたいと考えていますので、しばらくはじっくりと現状のメニューで進めていければと考えています。馬体重は524キロです」(空港担当者)



ロケットダッシュ 5歳 牡 鹿毛

7/29  NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間もマシン運動を中心に進めています。レース後は体も少し減ってしまっていましたので、まずはその部分の回復に努めています。復帰へ向けての段取りはもうしばらく状態を見た上でを進めていきたいと考えています」(空港担当者)

8/5  NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間も状態を見ながら進めていますが、しばらく楽をさせて休ませた効果もあって馬体重は508キロまで戻ってきています。今後は少しずつ動かしていき、具体的な復帰について考えていきます」(空港担当者)


3頭共特に大きな動きはなし。
ラブラバードはウォーキングマシンからトレッドミルへ移行しつつあるので、思ったよりは軽傷なのかもしれません。
ハープスターに続き、エピファネイアも繋靭帯炎で引退してしまいましたので、不安がなくなるまでじっくり癒して欲しいものです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment