今週の出走馬 8/2 ~ネオリアリズム 3歳上500万下~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

7/23  札幌競馬場
23日に札幌競馬場へ移動しました。
「先週半ばと週末にそれなりの時計を出して状態の把握を行ってきましたが、そろそろ競馬を考えても大丈夫かと思えるようになってきました。そのことからレースをどうするか検討した結果、札幌競馬を目指すことにしました。それなので、今週は移動に充てています。着いてから落ち着いていて今日の様子も問題なさそうですから、数日軽めに動かしていって週末あたりにまた時計を出せればと思っています。最終的には来週の様子をもって判断しますが、いちおう来週の競馬を考えていくつもりです」(堀師)
8月2日の札幌競馬(3歳上500万下・芝1800m)にルメール騎手で出走を予定しています。

7/30  札幌競馬場
29日は軽めの調整を行いました。30日は札幌ダートコースで追い切りました(72秒4-56秒3-41秒5-13秒0)。
「先週半ばに札幌へ移動して現地で調整にあたっていますが、体調のほうは問題なさそうですよ。ただし、基本ダートでの調教になる札幌ですし、思っていたよりも硬さが出がちで調整には気を遣っている状況です。こちらで少しずつ、少しずつピッチを上げてきてレースへ向かえる状態に持ってきたつもりですし、ガタッと来ているようなことはないのですが、強いて気になることと言えばそのあたりがあるかと思います。当該週の追い切りは疲れを極力残さないようにしつつ、なおかつ競馬で走れるようにと意識して終いを伸ばすように行いました。まずまずの態勢は整えられたと思いますから、まずはここでいい走りを見せてほしいですね」(堀師)
8月2日の札幌競馬(3歳上500万下・芝1800m)にルメール騎手で出走いたします。


待望のネオリアリズムの復帰戦となります。既に500万下は勝利しているので、ここで足踏みはしたくはないところですが、陣営のコメントからはやや不安になる面も。
冷静に出走メンバーを見渡して見ると、ヒルノマテーラがローズS5着と実績面でも持ち時計の面でも一つ上の存在と言えます。この馬以外には負けて欲しくはないというのが正直なところです。
距離短縮が良い結果に結び付く事を期待したいと思います。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment