3歳馬近況 7/21及び厩舎情報 7/16・22

キルシュガイスト 3歳 牡 鹿毛

7/16  尾関厩舎
16日に美浦トレセン・尾関知人厩舎へ入厩しました。
「ここまでの道のりは長く険しいものでしたし、正直トレセンまでたどり着けるのか心配をしていましたが、今日入厩の日を迎えることができました。大型馬でもありますし、万全とは行かないところもあるでしょうからこれからも楽観視はできませんが、何とか一人前にできるようしっかりと調整を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。できるだけ早めに課題をクリアしていきたいところですが、初めての環境でもありますし、様子を見ながら徐々に進めていきます」(尾関師)

7/22  尾関厩舎
22日はゲート練習中心のメニューを行っています。
「先週入厩させていただいて少しずつですが進め出しています。いろいろあって弱さも抱えた中での入厩であることは確かでしょうし、慎重に、でも時期を考えてある程度は進めていくようにしたいと思いつつ調整をしています。まずはゲートという課題に向かっていかなければいけませんので、早速練習に取り掛かっています。今日は練習2日目になるのですが入り、駐立に関しては今のところ問題なし。ただし、出そうと思ってもなかなか…と言う感じです。ゲートだけでなく普段の様子からも出ないというよりも人に反抗しようとするような素振りを見せるのでそのあたりも影響しているのかもしれません。脚元も前脚の繋部分であったり、トモの球節部分であったりと不安定に見える部分もありますから、獣医師にもよく見てもらいつつ進めていければと考えています」(尾関師)


遂に入厩に至りましたが、全く景気の良いコメントは出てきません
人に反抗しようとするのは、やはり何処か苦しいところがあるのでしょうね。何だかレースに使うのも可哀想なレベルですが、使えないともっと可哀想な処遇になってしまいますので、何とか頑張って貰いたいものです。




アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛

7/21(NFしがらき)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「坂路で乗り出してからも順調に来ていますし、石坂師と話をして、8月後半に使うつもりでそろそろ帰厩させようという話になりました。このプランを踏まえて、この中間からは坂路で終い14秒ぐらいまで伸ばす調教も取り入れています。あまりバリバリとやりすぎてもいけませんし、適度にメリハリをつけて進めていますが、特に問題ありませんよ。早ければ今週中の帰厩になると聞いています」(NFしがらき担当者)


順調に調整されている事から、トライアル前に一叩きする予定になったようです。間隔を考えると8/22日に新潟で行われる日本海Sじゃないかなとは思いますが、さて何処を目標とするのか楽しみです。

先週末に最優先枠で最後までアダムスブリッジと両天秤で迷ったリアファルが準OPを快勝。一歩先を行かれてしまいました。
どうやら、順調に行けば、神戸新聞杯で顔を合わせる事となりそうですので、 こちらも負けずに結果を出してくれる事を期待します。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment