3歳馬近況 6/12・16

キルシュガイスト 3歳 牡 鹿毛

6/12  NF空港
12日に喉頭片麻痺(喉鳴り)の手術を行い、無事に終了しました。
「本日、予定通り喉のオペを行い、無事に終了しています。これで運動時の呼吸も楽になるはずですし、より走りやすくなるでしょう。しばらくは経過を観察していき、問題ないようであれば再度、調整を進めていきたいと思います。ご心配をおかけして申し訳ありませんが、デビューからの勝ち上がりを目指して取り組んでいきますので、よろしくお願い致します」(空港担当者)

6/16  NF空港
舎飼で休養しています。
「術後の経過を観察していますが、大きな問題もなくゆっくり静養できています。何とか勝ち上がりを目指して進めていかなければいけない馬ですし、今後も気を引き締めて対応していければと思います。まずは体調を見た上で徐々に運動を再開していく予定です」(空港担当者)


出たとこ勝ちが意識出来るほど仕上がるかが非常に疑わしいですが、もう経緯を見守るだけです。


アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛

6/16(NFしがらき)
軽めの調整を行っています。
「この中間からトレッドミルで体を解すような調整を行っています。レースから数日経っていますが、馬体に異常が出るようなこともありません。ただ、すぐにレースに使うわけではありませんし、春の疲れを癒すためにももうしばらくはリフレッシュに重きを置き、焦ることなく少しずつ状態のアップを図っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


焦っても良い事は一つもありませんので、ここはじっくりとリフレッシュして秋に備えて貰えれば。まあ、理想としては菊花賞トライアルの前に1走して欲しいかなとは思いますけど。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment