5歳馬厩舎情報 6/3・6・10及び近況 6/2

フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

14日に行われる多摩川S(芝1600M)に出走する予定の為、別記事で記載。


ラブラバード 5歳 牡 芦毛

6/3  松田博厩舎
3日は軽めの調整を行いました。
「先週は、直線追い出してからの伸びがもうひとつで、いい結果が出せず申し訳ありませんでした。前走の勝ちっぷりが鮮やかだっただけに、昇級でもと思いましたが、輸送でちょっと馬体が減っていたのも影響したのかもしれません。こちらに戻ってからは、今のところそれほど疲れたという様子は見せていませんが、コンスタントに使ってきた後ですし、慎重に状態を確認してから、このあとのプランを考えていきます」(松田博師)

6/10  松田博厩舎
10日は軽めの調整を行いました。
「この中間も軽く乗りながら状態の確認をしてきました。精神的には落ち着きもあるし、もう一度使っていけそうな感じもあったのですが、近々の適条件となるとまた東京になってしまいます。前走で馬体を減らしていたこともありますし、再度の長距離輸送となると、その後のダメージが心配ですから、ここは一度放牧に出させていただこうと思います」(松田博師)
近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


続戦の可能性もあったようですが、適鞍が遠征しかない為、本日しがらきへ放牧となりました。
体重は減らしましたが、大きなダメージはなさそうですので、そう長い休養にはならないのではないかと思われます。
来年にはお世話になった松田博厩舎は解散となりますので、何とか在籍中に準OPを卒業してくれる事を願いたいものです。


ロケットダッシュ 5歳 牡 鹿毛

6/2  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています 。
「引き続き、坂路では15-15程度のところを取り入れて乗り込みを行っています。依然として元気いっぱいで行きっぷりも良く、馬体の張りもいいですね。緩めずに乗っているのでそれほど太目感もありませんし、ここまでは順調に調整ができていますよ。今のところは函館競馬場へ向けて今週中に移動する予定と聞いていますので、いい状態で送り出せるように進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

6/6  吉田厩舎
6日に栗東トレセンへ帰厩しました。
「移動に向けて15-15程度のところをしっかりと消化できていましたし、牧場では緩めずに乗り込んでいました。函館競馬を目標に、当初はNFしがらきから競馬場まで直接入場させるプランも考えていたのですが、まずはいったんトレセンへ帰厩させてから、そこで少し実際に乗ってみて状態を確認した上で運ぶことになりました。この後は馬の様子を見つつ、近日中に函館競馬場へと移動させる予定です」(吉田師)

6/10  吉田厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「先週の土曜日に帰厩してからも順調に過ごすことができています。今朝はハロン16~7秒のペースで坂路を2本乗ったのですが、行きっぷりも良くて力強い動きでしたね。放牧に出していたとはいえ、短期で緩めずにしっかりと乗り込んでもらっていましたし、馬体には太目感もありません。今のところは函館の2週目にあるダート1000mの番組を目標にしているところですが、移動時期に関してはもう少しこちらで乗り込みを行ってから検討していきたいと思います」(吉田師)
28日の函館競馬(3歳上500万下・ダ1000m)を目標にしています。


今年は目先を変えて北海道シリーズに参戦するようです。
小倉へ行く事は既定路線だと思っていたので、少々意外ではありますが、番組が豊富にありますので、いい選択だと思います。良い機会ですので、ゴリゴリと使い倒して貰いたいものです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment