3歳馬近況 6/9・10

キルシュガイスト 3歳 牡 鹿毛

6/10(NF空港)
週2日は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整を行っています。
「一歩ずつですが、着実にメニューアップを図ることができており、ここまでは順調に進めることができています。馬体重は672キロと乗りながら増加傾向にありますので、引き続き脚元には気を付けながら進めていきたいと思います」(空港担当者)


順調にステップアップされてるのは良いのですが、負荷が上がっても、気温が上がっても体重が落ちてくる様子がありません。
坂路調教が始まれば20㎏くらいは余裕で落ちると思ってただけに、流石に脚元が不安になってきます。

American Pharoahが37年ぶりに米三冠に輝きましたが、祖父はキルシュガイストの父エンパイアメーカー。旬な血統となりましたので、無事デビュー出来る事を願います。


アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛

6/9(NFしがらき)
軽めの調整を行っています。
「先週こちらへ到着後は、ウォーキングマシン程度の運動を行いながら馬体のチェックを行っています。久々でトップレベルとレースをした後で、全体的に使ったなりの疲れは見られますが、今のところは大きな問題はなさそうです。石坂師と相談しながらになりますが、もうしばらくは軽めの調整でリフレッシュを図っていく予定です」(NFしがらき担当者)


使い出しが何処からになるかは分かりませんが、じっくりと疲れを癒して充実の秋を迎えて貰いたいものです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment