先週のレース結果 ~ラブラバード むらさき賞(1600万下)14着~

ラブラバード 5歳 牡 芦毛

5/31(松田博厩舎)
31日の東京競馬では五分のスタートから中団を追走。直線半ばまではしぶとく脚を使ったが、最後は苦しくなり14着。
「返し馬の雰囲気は良かったのですが、コンスタントに使ってきて、長距離輸送をしてのマイナス体重。もしかすると少し疲れもあったのかもしれません。直線が長い府中で今日のような競馬をするより、前走のように、3~4コーナーをうまく捌いてしぶとさを活かすのが合うのだと思います。これが昇級戦ですし、クラス慣れすればまた違うはずです」(川田騎手)
「馬体は数字ほど細くは見せなかったけど、レースぶりを見ると思ったよりも輸送が堪えたのかもしれません。昇級戦でもありましたし、もう少しクラス慣れも必要でしょう。最後は一杯になったけど、折り合って運んだ内容自体は悪くなかったので、これがまた次に繋がると思います」(松田博師)
これが昇級戦と考えれば悲観する内容ではないと思いますが、輸送が堪えたのか、馬体を減らしての出走になりましたし、あるいはそのあたりも影響があったのかもしれません。このあとはトレセンで馬体をしっかり確認してから今後のプランを検討していきます。


着順こそ二桁の惨敗ですが、優勝馬とのタイム差は0.4秒と大きな差はありませんでした。
大幅の体重減よりも、復帰後中1週→中2週→中2週と詰めて使われていたのが影響があったように思えます。道中も力まなくなってきていますし、大分競馬が上手になってきました。クラス慣れが見込めれば、準OPでも充分勝ち負け出来ると期待したいところです。


ちなみに馬券はラブラバードの調子がいま一つ良く見えなかったので、迷った挙句に同クラブのピオネロを本命に。全く愛が足りてません
…まあ、ピオネロは見事に勝利するも、2着・3着が人気薄の激走だった為、結果は同じでしたが。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment