先週のレース結果 ~ラブラバード 鴨川特別(1000万下)優勝~

ラブラバード 5歳 牡 芦毛




5/9(松田博厩舎)
9日の京都競馬では五分のスタートから中団をじっくり追走。直線は馬場の内目を突き、2頭の間を割ってグイッと伸び優勝。
「直前の追い切りの動きが良かったし、いい状態だとは感じていましたが、ここまでスパッと勝ち切ってくれるとは思わなかったので、乗っているこちらもちょっとびっくりしてしまいました。道中はジワッと出して中団をスムーズに追走できましたし、直線も手応え十分で、狭いところをよく割って伸びてくれました。今日のところは言うことありません」(川田騎手)
「今回は直前の追い切りもジョッキーを乗せてビシッとやったし、体もできていましたからね。今日はいい決め手を見せてくれたし、この内容なら上のクラスでも楽しみ。使いつつここに来てようやく良くなってきたかなという感じもしますね。この後はまずは馬体をよくチェックしてから考えます」(松田博師)惜しい競馬が続いていましたが、最後はジリジリした脚になっていただけに、今日の決め手には驚かされました。使いつつ、馬も走れる状態になってきていたのでしょう。この内容なら次も楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


レース映像を何度見返しても、まるで別馬のような勝ちっぷり。他馬を気にする気性だった馬が、まさか最内でじっと我慢をして、直線抜けた2頭の狭いところを割るとは思いもしませんでした。
全体時計も上がり3Fも優秀ですし、これはひょっとするとOP馬に出世出来るかもしれません。2年前は500万下を勝てればいいなぁと思っていた馬がこれほど成長するとは、実に感無量です。
外に膨れる事無く内ぴったりを回れたのは、馬の成長と共に川田騎手の騎乗技術の賜物だと思います。人馬共、今後の更なる活躍を期待します。

そして、絶叫されるラブラドール
はい、名付け親としましては、いつかこういう事が起きるだろうとは予想していました。紛らわしい名前をつけて申し訳ありません。




さて、懺悔の時間です。
出資馬が勝ったにも関わらず、馬券は何も中りませんでした。ええ、単・複勝すら買ってません
いえ、勿論ラブラバードからも買いましたが、逃げ・先行馬は差し馬に捕まるだろうと考えて、2着エイシンハドソン・3着ファシーノをばっさり切ってこのざまです。
妙味のある出資馬の単勝すら買っていないとは、実に恥ずかしい限りです…。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment