ハープスター、早すぎる引退

ハープスター 4歳 牝 鹿毛

5/7(引退)
「先日のエコー検査において右前繋靭帯炎が確認されたことで、それ以降は治療を施しながら経過を観察してきました。本日、松田博資調教師が脚元の状態を確認されることになったので、それに先駆けて改めてより精密な検査を行ったところ、右前繋ぎの種子骨靭帯炎を併発していることが判明しました。繋靭帯炎に加えて、種子骨靭帯炎を発症しているとなると、復帰までにかなりの期間を要する公算が高く、快方に向かったとしても損傷の度合いから再発する可能性は極めて高いという状況です。また、仮に復帰できたとしてもこの馬本来のパフォーマンスを披露できるか正直なところ難しいと言わざるを得ないところもあるかもしれません。実際に松田調教師には検査結果を確認いただき、そのうえで患部をチェックしてもらいましたが、やはり難しいだろうとの見解でした。獣医師の所見、そして調教師の見解を元にクラブと相談させていただき、大変申し訳ございませんが、ここで現役を引退させていただくことになりました。今後は繁殖牝馬として第2の馬生を送ることになりますが、母を超えるような仔を生み出してもらいたいですし、我々もそれに向けて尽力していければと思っています」(早来担当者)

「過去に扱ったベガの血を引く馬だけに、牧場で初めて見させていただいた時から期待で胸が膨らみましたし、何とか大成させてあげたいとも思っていました。デビュー戦、新潟2歳S、桜花賞はこちらの期待に十分応えてくれる走りを見せてくれましたが、同世代の牝馬相手の阪神ジュベナイルフィリーズ、オークスは僅差で取りこぼしてしまい、何とも悔しい思いをしたものです。しかし、完調とは言えない中で古馬チャンピオンを撃破した札幌記念は、この馬の能力を再認識しましたし、3歳秋以降は、世界でもトップクラスの競走に挑ませていただきました。頂点にこそ立てなかったものの、この馬にとって最高のチャレンジができたのは間違いありません。最初に脚元の症状を聞いた段階では何とか現役を続けさせてあげて、応援いただいている会員の皆様にもう一度、本当のハープの走りをご覧いただきたいと思っていましたが、今日実際に脚元を確認させていただいたところ思っていたよりも芳しくない状態でした。これ以上無理をして何かあったら、それこそ皆様に申し訳ないことをしてしまうだけでなく、何よりハープに申し訳ないことになってしまいます。牝馬だけにこれから大事な仕事が残されていますし、ハープのためにはここで現役生活に終止符を打つことが最善と判断しました。競走馬としての馬生を全うさせてあげられなかったことには大変申し訳なく思っております」(松田博師)

デビュー戦快勝から挑んだ新潟2歳Sで見せた残り1ハロンの飛ぶような走りは、後世に語り継がれるほど脳裏に焼き付く凄まじいものでした。GⅠ勝利は桜花賞の1つに留まることになってしまいましたが、世界を驚かせたロンシャン競馬場で大外を真一文字に伸びる姿、4コーナーで致命的な不利を受けながら懸命に追い上げたジャパンカップ等々、記憶に深く刻まれる走りを幾度も我々の前で披露してくれました。その能力をもってすれば…と復帰を断念したくない気持ちは、クラブ、調教師、牧場ともに強くあり、それ故慎重に脚元の状態を見極めてきました。しかし、新たに判明した種子骨靭帯炎の存在を考えると復帰までの道程は想像以上に険しいものになることが想定され、また仮に状態が改善されたとしても再発の可能性は高く、それを断念せざるを得ない状況です。名牝系の血を繋いでいく、もうひとつの大きな仕事が待っていることも併せ考え、松田博資調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


覚悟はしていましたが、非常に残念でなりません。
色々言われていますが、日本から3歳の牝馬が凱旋門賞に挑戦したという事は歴史的な出来事だと思います。結果は出ませんでしたが、世界中の競馬ファンにハープスターという名前を刻めたのではないでしょうか。
今思えば、京都記念でのらしからぬ姿は、見えない疲労の蓄積だったのかもしれません。それだけ3歳牝馬にとって、凱旋門賞→ジャパンCのローテーションは過酷だったという事なのでしょう。

何にせよハープスターは一口馬主の醍醐味を充分なほど味あわせくれました。今後、これほどの素質を持った馬に出資出来るチャンスは訪れないかもしれません。
それだけに、無理してでも桜花賞祝勝会に出席すれば良かったのが、心残りではあります。

しかしながら、引退は残念ではありますが、まだ楽しみは続きます。数年後、その血を受け継ぐ仔に出資出来る時を、心待ちにしたいと思います。
お疲れさまでした、ハープスター。夢をありがとう


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment