5歳馬厩舎情報 4/22・29・30及び近況 4/21・28

ラブラバード 5歳 牡 芦毛

4/22  松田博厩舎
22日は軽めの調整を行いました。
「ひと叩きして良くなると思っていたのだけれど、直線追ってフラフラしていたし、ピリッとしない内容になってしまいました。馬体は2キロ減っていたけれど、久々を使った後だし、もう少し締まっていて良かったのかも。そういう意味でも、中1週ということを考えすぎて、直前の追い切りも手加減しすぎたような気がします。レース後は特に疲れた様子も見せていないし、今のところはこれといった反動もなさそうだから、続けて使って行く予定です。次は楽をさせずしっかりと仕上げていきます」(松田博師)

4/29  松田博厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。
「この中間も特に問題なく、引き続き普段からおとなしすぎるぐらいで順調に乗り込めています。来週の京都には、2000mと1600mの特別があるので、そのどちらかに行くつもりで考えています。前走がちょっと中間の調教でかわいがりすぎた感じだったので、今朝は単走できっちり15-15を乗っています。もっと終いを伸ばしても良かったかなと思うぐらいですが、キビキビと動けていたので、来週しっかりやればいいでしょう。権利がないため、確実に出走できるかどうかは分かりませんが、このところ1800m、2000mでも折り合って走れているので、マイルに短縮するよりは2000mの方がいいだろうと思っているところです」(松田博師)
今のところ5月9日の京都競馬(鴨川特別・芝2000m)を目標にしています。


中一週で使った反動もなく、早々に目標レースも定まりました。
休養明け三走目という事で、結果がどうあれレース後に一息入れると思いますので、しっかりと仕上げてくると思われます。優先出走権がない事に加えて、呆れるほど時計の早い京都の馬場に対応出来るかが問題ですが…。


ロケットダッシュ 5歳 牡 鹿毛

4/21  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、周回コースと坂路でしっかりと乗り込んでいます。こちらに戻ってきてしばらくはなかなか状態が上向いて来なかったのですが、ここにきてようやく順調さを取り戻して、それにつれて体つきもパンとしてきました。まだ本来のデキというまでには至りませんが、上向いているのは間違いありませんし、厩舎サイドと移動日程の話をしながら進めているところです」(NFしがらき担当者)

4/30  吉田厩舎
29日、30日は軽めの調整を行いました。
「先週の木曜日に無事帰厩しています。昨日、坂路でハロン15~16秒のところを2本しっかりと乗り込んでいます。前走後はちょっと馬体の戻りが遅かったみたいなのですが、今はもうすっかり回復して元気いっぱいですよ。ただ、普段の調教時や、競馬でも返し馬では闘争心を出してしっかりと走ってくれるのですが、そこから急に大人しくなってしまって、そのせいでゲートの出が遅くなっている感じですね。ダートでハナに行ければ一番いいのでしょうが、それもなかなか思うようにいかない状況ですし、次走はガラッと条件を替えて新潟の直線1000mのレースに使わせていただきたいと思います。直線コースなら仮にハナを切れなくても揉まれないような競馬がしやすいでしょうし、何とか変わり身を見せてほしいと思います」(吉田師)
5月10日の新潟競馬(飛竜特別・芝1000m)に出走を予定しています。


直線レースというまたもやニッチな条件のレースが選択されました。
正直スピード競馬に向いているとは思えないので、芝レースを使う事で少しはピリッとしてこれば良いかなという程度の期待感。何とか裏切って欲しいものです。




フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

4/21  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から坂路入りを開始しており、今朝は早速終いを15秒近くまで伸ばしてみました。躍動感ある走りで動きに関しては特に問題ありません。順調にペースアップすることができていますし、毛ヅヤもだんだんと良くなってきていますよ。西園師とは、京都開催の最後あたりを目標にしていこうかという話をしていますので、そこに向けてこちらでもしっかりと調整していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

4/28  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、坂路では終い15秒程度のところも織り交ぜてしっかりと乗り込んでいます。いつも放牧に出てくるとトモの疲れが目立ってくるのですが、今回はそのようなこともなく順調ですね。戻って来た当初は毛ヅヤが優れなかったものの、現状では日に日に良くなっており、ここまでは思ったとおりに来ていますよ。馬体重は534キロです」(NFしがらき担当者)


コンディションも良さそうで、今が充実期なのかもしれません。
復帰戦が今から待ち遠しいですね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment