先週のレース結果 ~フロアクラフト 心斎橋S3着~

フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

3/26  西園厩舎
25日は栗東坂路で追い切りました(54秒1-38秒7-24秒9-12秒4)。26日は軽めの調整を行いました。「昨日、坂路で追い切っています。中1週での競馬になりますし、終い重点という内容でしたが、時計、動き共に良かったですよ。ジョッキーも2度目の騎乗でかなり燃えているようですので、なんとか結果が出てくれればと思います。前走は勝ち馬と枠順の差もありましたし、できれば今回は内目の枠がほしいですね。レース中、舌をペロペロ出していたので調教で縛ってみるとお伝えしましたが、普段はそんな仕草を見せることはまったくありませんし、本当にあの時初めて見せたんです。矯正することで馬に負担がかかり、却って逆効果になるケースもありますから、今回は調教からレースまで今までどおりの自然体で臨む予定です」(西園師)29日の阪神競馬(心斎橋S・芝1400m)にシュタルケ騎手で出走いたします。


3/29(西園厩舎)
29日の阪神競馬ではまずまずのスタートから好位を追走する。直線は大外に出してから鋭く伸びてくるが3着まで。
「スタートしてから一完歩目でノメって脚を取られてしまい、予定していたよりもポジションがひとつ後ろになってしまいました。ただ、それでも直線はものすごい脚を使って追い込んでくれていますからね。馬場状態だけが非常に悔やまれますし、乾いていたら突き抜けていたかもしれません。阪神の1400mだと直線が短いので、マイルだともしかするとより堅実にいけるかもしれませんね」(シュタルケ騎手)
最後はしっかりとした脚で目を引くような伸びを見せてくれていただけに、馬場悪化によるポジション取りが悔やまれます。ただ、ここにきて安定感を増している印象さえありますし、次あたりはそろそろ順番ではないでしょうか。この後はトレセンに戻って馬体を確認してからになりますが、ここまで続けて使ってきていますので、一度放牧に出すことも検討しています。


レース前日のフロアクラフトの記事をアップするのをすっかり忘れていました
なんだかんだと言いながらも、ハープスターのドバイ出走に浮かれていたのかもしれません。まあ、天国から地獄でしたが。

シュタルケ騎手の帰国に合わせたのか、中1週でのレースでしたが、生憎の雨模様。ポジションが取れずに中団後方で外外を回された時は惨敗も覚悟しましたが、直線でしっかりと脚を伸ばして3着確保。その裏で、シュタルケ騎手はまたもや外側に斜行したとの事で戒告されたりしましたが…。
牡馬混合戦でも勝ち負け出来ましたので、準OPもメンバーや展開次第で充分勝ち切る事を期待して良さそうです。
中2週・中1週で使われましたので、多分一度リフレッシュ放牧に出されると思いますが、余り長い放牧にはならないと思われます。




さて、恒例となりつつある出資馬の応援馬券ですが、現在の時計のかかる阪神コースはベストに近い条件だと判断してフロアクラフトを軸に。
ハンデ戦でしたので、荒れる可能性はありましたが、同じく条件が向きそうなエイシンスパルタンとの馬連勝負が本線で、抑えとしてワイドとお遊びの三連複を薄く購入。

的中馬券


本線こそ外れましたが、ワイドと三連複が的中となりそこそこのプラスとなりました。たいしたオッズではありませんが、フロアクラフト様様です

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment