4歳馬厩舎情報 3/18及び近況 3/20・24

ハープスター 4歳 牝 鹿毛

28日(日本時間の29日1時15分)に行われるドバイシーマクラシックに出走する予定の為、後日に記載




ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

3/18  堀厩舎
18日は軽めの調整を行いました。
「前々回より前回のほうが落ち着いて走れるのではないか、そうなればキッチリ結果を出してくれるはずと思っていたのですが、思うような走り、結果にならなくて申し訳ありませんでした。正直どうしたものかと悩むところです。力的には結果を出せるだけの馬だと思うのですが、どうもリズムよく走りきれないところがありますからね。2回使いましたし、もちろん疲れているようならばこのまま次へと行くわけにもいきません。基本的にはひと息入れることになるのでしょうが、まだ判断するには早いような気もしますし、もう少し様子を見てどうするか決めたいと思っています」(堀師)

3/20  NFしがらき
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「引き続き馬の状態をよく確認しましたが、ちょっと疲れが感じられます。特に背腰で、どうしてもこの馬のウィークポイントとなっていてダメージを抱えやすい状態です。疲れが抜けてくるならばと思っていましたが、少し時間がかかりそうで、あまりこのまま進めていくのは良くないでしょうから、無理をせずにいったん放牧に出すことにしました。しがらきでは極端に緩めすぎないようにはしてほしいと伝えてありますが、まずケアに専念してもらって、そこからある程度の運動負荷をかけていければと思っています。ポテンシャル的には間違いなく上位なのですが、どうしてもこの血統の体質的な難しさがあるので、長い目で良くしていけるようにしていきたいと思っています」(堀師)

3/24  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「先週こちらに放牧に出てきたばかりですから、まずはマシンなど軽めに動かしながら状態のチェックを行っています。現状で局所的に痛みがあるようなことはありませんが、背腰やトモなどの筋肉に硬さが出ており疲れを感じさせますし、まずはリフレッシュさせることをメインに取り組んでいきたいと考えています」(NFしがらき担当者)


異母兄のリアルインパクトがオーストラリアのローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージライダーステークス(G1)で見事に優勝。10歳まで現役だったアイルラヴァゲインに、7歳で海外GⅠを勝利で飾ったリアルインパクトと、実に息の長い活躍をする血統です。
その血の良さがネオリアリズムにも受け継がれている事を信じて、体質がパンとするまで長い目で見守りたいと思います。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment