先週のレース結果 ~アダムスブリッジ 若葉S3着~

アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛

3/21(石坂厩舎)
21日の阪神競馬では五分のスタートから道中は後方2番手を追走。内をついて徐々に進出し、直線で馬場の真ん中に出して追い出されるもなかなか前との差を詰めることができずに3着。
「落ち着きもあっていい雰囲気でしたし、この馬としてはゲートも出た方でした。できれば先行していきたかったのですが、今日は良発表でも馬場が若干緩く、少し走りにくそうな感じがしていたのであのポジションからになりました。外が伸びるような馬場状態ではありませんし、直線では意識的に馬群の中に突っ込んでいこうと思ったのですが、仕掛けてからはいつもの反応がなく、直線でも思ったほどの伸びは見られませんでしたね。調子は良さそうだっただけに残念ですが、また次で巻き返したいと思います」(和田騎手)
「馬体減は想定内で特に問題なかったのですが、毎週中に雨が降り続いているせいで見た目以上に馬場が渋っているようで、持ち味の切れが活かせなかったようです。飛びのきれいな馬だからよけいに堪えました。皐月賞に出られないという状況を考えていなかったので、今後のプランについてはこれからじっくり考えます」(石坂師)
ゲートはまずまず出てくれましたが、馬場の影響が大きかったのか、その後は決して行きっぷりがいいとは言えず、最後も期待したほどは弾けてくれませんでした。ただ、それでも最後までよく差を詰めてきているように能力があるのは確かでしょう。残念ながら、無敗で皐月賞挑戦とはなりませんでしたので、まずは次走での巻き返しに期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。


期待していただけにショックが大きかったですが、これも競馬。そう甘くはありませんでした。
敗因はあれこれと考えられますが、タラレバを言っても仕方ありません。前につけられる器用さも、重い馬場を苦にしないパワーも能力の一環。力不足だったという事です。
ただ、思った以上に蹄による頓挫の影響は大きく、体調一息な感じも受けました。本来の出来ではなかったと信じたいところです。
皐月賞こそアウトになりましたが、まだダービー出走のチャンスは残っています。諦めずに応援していきたいと思います。


21日は仕事だった為、昼休みにIPATでアダムスブリッジの単勝とポルトドートウィユとの馬単を購入。この時は仕事が早く終わらないか、ウキウキしていたんですけどねぇ…


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment