先週のレース結果 ~ネオリアリズム 館山特別4着~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

3/14(堀厩舎)
14日の中山競馬ではまずまずのスタートから道中は2番手に付けるも、行きたがるところをなだめながらの追走になってしまう。直線では道中の力みの影響か余裕がなくなり4着。
「前走は休み明けの分テンションが高くなっていたでしょうし、一度使ってガス抜きできると思っていたのですが…。道中は番手の形で少し落ち着きそうなタイミングはあったのですが、後ろから馬が近づくとその気配だけでまたエキサイトして、結果的にまったくハミが抜けないままになってしまいました。力は間違いなくある馬なのですが、道中にあれだけ力んでしまうとさすがにきつくなりますし、本当にそこが大きなポイントです。今日は上手く運べず申し訳ありませんでした」(戸崎騎手)
「まだ馬体にしっかりとし切れていないところがあるので久しぶりの競馬を使ったとはいえ状態がグンと上向いたとは言えなかったものの、それでも維持はできていたので今回はいいご報告をしたかったのですが、納得いく内容、結果とならず申し訳ありませんでした。結果的に前走と同様に気持ちの面での難しさ、幼さが出てしまいました。より高いレベルで走ることができるようにするにはその点を変えていかなければいけないのは確かですが、馬体が完成している訳ではないですし、余計にバランスをしっかりと見ながら対応していきたいですね。この後については、続けて競馬を使わせていただいたのでまずはしっかりと状態を見てから決めていきます」(堀師)
能力的には上位のものがあるだけに歯がゆい結果になってしまったと言えますが、道中に力みが目立つ走りながら完全にバテている訳ではないですし、上手く噛み合えば自ずと結果がついてきてくれるはずです。この後については馬の状態を第一に、ケアの期間が必要と感じれば放牧に出すことも含め考えていきます。


あれだけ折り合いを欠いていれば、この結果も致し方ありません。父ネオユニヴァースの気性難が成長と共に顔を出してきたのか、はたまた母系の短距離血統の血が騒ぎ出したのか、距離に関しては判断が難しくなってきました。
優先出走権も逃しましたので、馬場が悪化しつつある中山開催はパスして、東京開催まで放牧に出される可能性は高そうです。


ブログのネタ用に出資馬のレースの馬券を積極的に買うようになりましたが、やはりじっくりと精査するからか、回収率はともかく的中精度が上がりました。たまたまである事は否めませんけど。

このレースに関しては、ネオリアリズムの勝利を願って、ルミナスウォリアーとエタンダールを相手にした馬単が本線でしたが、直線で敢え無く失速。
ただ、縦目のワイドを押えていた為、何とか的中。損をしなかっただけですが。

的中馬券


偶には馬券でガツンと中ててみたいところです。出来れば、出資馬が絡んだもので…。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment