今週の出走馬 2/21 ~ネオリアリズム 調布特別~

ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

2/19  堀厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒4-39秒1-12秒7)。19日は軽めの調整を行いました。
「トモのこと、そしてだいぶ増えている馬体重などを考慮して調整を行っています。先週はある程度しっかりと負荷をかけたのでその後の反動が出なければと心配をしていましたが、トモの感じは悪くなっていません。そのうえで特別登録を行い、今週水曜日に追い切りをかけました。2頭で併せて終いを伸ばしたのですが、動きはまずまずだったと思います。その後に変化が出ないか確認をしていますが、今のところ悪い方向へは変わっていません。増えていた馬体重に関しては520キロほどですが、アバラもうっすら確認できるような体つきになりつつあります。おそらくレース出走時の体重は前走から大きく増えているとは思いますが、数字ほどは太くないように思いますし、動きからも力は出せる状態になってきているように感じます。久々ですからどこまでかというところもありますが、能力は高い馬ですからいい走りを見せてくれたらと思っています」(堀師)
21日の東京競馬(調布特別・芝2000m)に戸崎騎手で出走いたします。


遂に復帰戦を迎えますが、流石に9ヶ月もの間実戦を離れていたので、大きな期待をかけるのは可哀想かなと思います。
一応念入りに南Wコースで乗り込まれており、3週間終い12秒台で動けてはいます。とは言え、好調の頃は3ハロン37秒から38秒台で走っていたのが、復帰後は全て39秒台。まだ、本調子には至ってないと思われます。
次に繋がる競馬を見せてくれれば…、と言ったところでしょうか。


ちなみに、きさらぎ賞を勝ったルージュバックの最終追い切りの時計は、81.5-65.6-51.0-37.1-12.5(馬なり)。調教時計だけでも、凄い馬だなぁと感心します。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment