5歳馬厩舎情報 2/19及び近況 2/10・17

フロアクラフト 5歳 牝 黒鹿毛

22日に行われる宇治川特別に出走する為、後日に記載


ロケットダッシュ 5歳 牡 鹿毛

2/19(吉田厩舎)
18日、19日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はこの馬にとって一番厳しい展開になってしまいました。馬群の中に入ってしまうと、とにかく周りを気にして、外へ外へと張っていってしまうんです。ジョッキーが押してもなかなか進んでいきませんでしたが、最近は調教でも妙に折り合いがつくようになっていましたし、そのあたりがレースでのズブさに繋がっているのかもしれません。ベストはやはりハナを切る展開なのでしょうが、仮に行けなくても揉まれないポジションならば大丈夫なはず。レース後も馬体に大きなダメージはありませんし、この後も特に問題がなければ小倉の最終週へ向かう予定です」(村井助手)


続戦は良いのですが、果たして出走出来るのでしょうか。
しかしながら、気性の脆さは一向に良くなる気配がありません。成長して、ズブさが増した分、よけい厄介になった感じすらします。まあ、こういうタイプは偶に好走する時がありますので、その時を待つのみです。




ラブラバード 5歳 牡 芦毛

2/10  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路では終い15秒近くのところを取り入れて乗り込みを行っています。背中や腰も随分としっかりとしてきましたし、動きも良くなってきました。毛ヅヤなどは良化の余地がありますが、これは時期的なものもありますし、体調は変わらず来ています。精神面の落ち着きもありますから、引き続きしっかりと乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)

2/17  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、この中間も坂路を中心に乗り込んでいます。終いを15秒近くまで伸ばして乗り込みを続けていますが、疲れて堪えるようなところもなく、脚元の不安もありません。毛ヅヤに関してはまだ良化の余地がありますが、この季節というのもありますし、暖かくなるに連れてもっと良くなってくるでしょう。これで腰のあたりがもっとパンとしてくれば、動きもさらに良くなってくると思いますよ」(NFしがらき担当者)


思った以上に長い休養になっています。流石に体調に何も問題がない状況で、4ヶ月空くともやもやっとしたものが心に湧き出てきます。
寒さが和らぐ頃に戻ってきそうな感じですが、そうなるとクラシックシーズンとなり、馬房調整も難しくなります。う~ん、本当にいつ頃戻ってくるのやら…。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment