4歳馬厩舎情報 1/21・28・29及び近況 1/20

ハープスター 4歳 牝 鹿毛

1/21  松田博厩舎
21日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで15-15強め程度のところを乗っています。時計にして、6ハロン88秒程度、ラスト1ハロンは13秒8でした。併せ馬というより、何頭かで一緒にサーッと回ってきた感じです。帰厩当初の硬い感じも、15-15をやってだいぶ変わってきましたし、体つきも太いというより筋肉がついたという印象。まずは順調に来ています。馬房での様子を見ていても機嫌は良さそうだから、このまま順調にペースを上げていけると思いますよ」(松田博師)
2月15日の京都競馬(京都記念・芝2200m)に川田騎手で出走を予定しています。

1/27  松田博厩舎
2月15日の京都競馬(京都記念・芝2200m)に出走を予定していますが、その後はドバイへの遠征を計画しています。
招待されることが前提となりますが、3月28日のメイダン競馬(ドバイシーマクラシック・芝2410m)への出走を目標にしています。出走の際の鞍上はムーア騎手を予定しています。

1/28  松田博厩舎
28日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで併せて追い切りました。直線は2頭が抜け出す形でしたが、相手の馬がしっかりと追っているのに対して、ハープは楽な手応えでしたし、先週までよりもずいぶん柔らかい動きでした。少しずつペースを上げてきて、ようやく本調子になってきた感じでしょうか。ここまでは順調に来ていますし、トモの張りなんかもとても良く見せていますよ。あと2週、しっかりと調整を進めていきます」(松田博師)
2月15日の京都競馬(京都記念・芝2200m)に川田騎手で出走を予定しています。また、3月28日(土)にメイダン競馬場(アラブ首長国連邦 ドバイ)で行われるドバイ国際競走(ドバイシーマクラシック・芝2410m、ドバイターフ・芝1800m)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。


各媒体で発表されていた通り、ムーア騎手でドバイシーマクラシックに挑戦する事となりました。
ムーア騎手側からオファーがあったようで、世界的名手の手綱捌きでどのような走りをするのか、非常に楽しみです。結果次第では、川田騎手の立つ瀬がなくなるかもしれませんが…。
川田騎手も京都記念で、何とか存在感を見せて欲しいところです。


ネオリアリズム 4歳 牡 栗毛

1/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。
「坂路コースでコンスタントに速めのところを行えるようになってきましたし、状態はだいぶ良くなってきた印象を受けます。動きを見てもフットワークがしっかりしてきましたし、気配は良好なので、この調子で進めていきます」(NFしがらき担当者)

1/29 堀厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒5-55秒6-40秒6-13秒5)。
「しがらきでの調整が進み、まずまずの状態にあるということでしたので、先週末のタイミングで入厩させていただくことにしました。前回はトモがよくなく立て直すことになりましたので、その時のことを鑑みて今回の調整は坂路入りを控え、馬場調教をメインに行うようにしています。昨日はウッドでじっくりと普通キャンター調整を行い、今朝は1本目の追い切りを行いました。最初としてはまずまずの動きをしていますし、普段の歩き、走りを見ても柔らかみがあるので悪くない状態でスタートできていると思いますよ。現段階ではまだこのあたりと言える状況ではありませんが、調整を進めつつ馬の状態に合わせて出走を検討したいと思っています」(堀師)


ようやく待ち望んだ帰厩となりました。
体調に合わせてじっくりと乗り込んでいくようですので、復帰戦は未定。適鞍から考えると、2月21日の府中で行われる調布特別(芝2000M)が最有力ではないかなと思います。
いきなり勝ち負けを演じる事が出来れば、今後の視界も拓けますので、期待と不安の入り混じる一戦となりそうです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment