先週のレース結果 ~アダムスブリッジ 若駒S優勝~

アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛



1/24(石坂厩舎)
24日京都競馬ではゲートで立ち遅れて離れた最後方を追走。3コーナー過ぎから進出し、直線外に持ち出すとしっかり伸びて優勝。
「ゲートは、中ではそれほどうるさくなかったのですが、たまたま開くタイミングで横を向いて立ち遅れてしまいました。かなり後ろからになりましたが、動ける雰囲気だったのでこっちも焦らずに済みましたし、じっくり構えて進めました。追い出してからはしっかりと伸びて文句のない内容です。まったくかかるようなところもないし、自由自在にレースができる馬。ゲートさえ五分に出てくれれば器用に立ち回れるセンスもありますからね。これからが楽しみです」(和田騎手)
「馬体重は前走と同じでも、ちょっと太いかなという印象。それでもパドックの気配は良かったから楽しみにしていました。道中は置かれてしまいましたが、期待どおりの伸びで強い勝ち方でした。課題もありますが、これからが本当に楽しみです。このあとはちょっと放牧に出して、いずれかのステップレースに進む予定です」(石坂師)
道中離れた最後方を走っている時はさすがにヒヤヒヤしましたが、追い出してからの伸びは確かで、最後は余裕すら感じさせました。まだキャリアも浅く、粗削りな印象ですし、これからの成長が本当に楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


レース前の師のコメントから相当自信があるのだろうという事は伺えませたが、ここまでインパクトのある勝ち方をするとは思いませんでした。
大外を回さず馬群に突っ込んだ時に若干のアクシデントがありましたが、怯む事なく抜け出してくる時の脚は素晴らしいの一言。まあ、和田騎手は外側に斜行したことにより過怠金100,000円が発生してしまいましたが…。

年が明けて、遅い初出走でしたが、最高のスタートを決める事が出来ました。
スタートなど課題は多く、正に荒削りといった印象で、馬体もまだまだ絞れそうです。このまま何事もなく成長すれば、ゼンノロブロイの代表産駒になれる素質があるように思えます。
全盛期のペルーサを彷彿させる末脚で、念願のダービー出走を叶えてくれる事を切に願います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment