3歳馬厩舎情報 1/3・8及び近況 1/7

アダムスブリッジ 3歳 牡 鹿毛

1/3  石坂厩舎
2014年12月31日は栗東坂路で15-15程度の調教を行いました(59秒3-44秒5-29秒8-15秒1)。2日、3日は軽めの調整を行いました。
「年末の25日に帰厩して、順調に動かしています。若駒Sを目指すのがいいだろうということで、2週間程度の短い放牧になりましたが、いいリフレッシュになったと思いますよ。31日には坂路で15-15程度のところをやっており、その後も馬は元気いっぱいです。年明けは大雪のため馬場が悪化しているので、無理せず来週からペースを上げていきます」(石坂師)
「今朝は年明けからの雪で馬場が悪化していたので、坂路でハロン16秒程度のところをサッと乗りました。馬はとにかく元気いっぱいで、いい意味でやんちゃになってきた気がします。繋ぎがちょっと立ち気味なので脚元には気をつけていますが、以前に比べると馬体がしっかりしてきたことでムクミなどは出なくなってきましたよ。骨りゅうも問題ありません。初戦はゲート内でソワソワしていたので、レースまでにジョッキーに跨ってもらい確認をしていく予定です」(知久助手)
24日の京都競馬(若駒S・芝2000m)に和田騎手で出走を予定しています。

1/8  石坂厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒6-26秒6-13秒2)。
「今朝は坂路で併せて15-14の予定で時計を出しました。まだ馬なり程度ですが、併せたことでいい負荷はかけられたと思いますし、これで来週からはさらにペースを上げていけますね。ここまではすこぶる順調で、ちょっと力があり余っているぐらいです。やんちゃなところも見せますが、イレ込んでいるというわけではなく、元気すぎるというだけ。うまく走る方に気持ちを持って行って、いい状態でレースを迎えられるようにしていきます」(荻野要助手)
24日の京都競馬(若駒S・芝2000m)に和田騎手で出走を予定しています。


コメントで指摘されて思い出しましたが、確かに繋ぎが立ち気味でした。芝だと負担がかかりやすいので、故障の不安はありますね。半兄アダムスピークも脚部不安に悩まされているので、血統的なものかもしれません。
体調自体は元気一杯のようですので、若駒Sでどのような走りを見せてくれるのか、楽しみは尽きません。




キルシュガイスト 3歳 牡 鹿毛

1/7(NF空港)
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「年末年始も問題なく過ごすことができています。ここまでお時間を頂いてしまっていますし、何とか今年は順調に進めていければと考えています。まずは脚元の状態を見ながらペースアップできる時期を検討していければと思います」(空港担当者)


年が明けてもWM調整が続きます。
そろそろ違うコメントが聞きたいものです…。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment