4歳馬近況 12/24・25

フロアクラフト 4歳 牝 黒鹿毛

12/24(NFしがらき)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、周回コースと坂路で順調に乗り込みを続けています。西園調教師とは、年が明けて1月半ばまでには帰厩させようかと言う話をしているところなので、それに合わせて15-15に近いところも取り入れ始めています。特に気になるところもなく、活気のある動きを見せていますよ」(NFしがらき担当者)


1月半ばまでに帰厩という事は、早くて復帰戦は1月末から2月頭あたり。距離短縮を考えているようですので、マイル辺りを先ずは試すとなると、1月24日に京都で行われる花見小路特別が最短のレース候補という感じでしょうか。あるいは、2月7日の木津川特別かもしれませんね。
何にせよ距離短縮で新味を見せて欲しいところです。


ラブラバード 4歳 牡 芦毛

12/24(NFしがらき)
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路を中心にじっくりと乗り込みを進めています。今のところは特に問題なくしっかりとしたキャンターができていますし、少しずつ負荷を強めながらさらに良化を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)


まだピッチは上がってきませんが、フロアクラフトと余り変わらない時期に帰厩出来るのではないかと思っています。
半兄アーデントがOP特別を快勝しましたので、ラブラバードも復帰戦から勝ち負けを演じて欲しいですね。


ロケットダッシュ 4歳 牡 鹿毛

12/25(NFしがらき)
24日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は、ジョッキーにも揉まれないように進めてほしいと話をしていましたが、そのとおりスムーズに運べたと思います。最後は坂もあって止まりましたが、かなり間隔を空けたこともありますし、次は変ってくるでしょう。詰めて使うと精神的にピリピリしてしまうタイプなので、ひと息入れて実績のある小倉のダート1000mを目指したいと思います」(高島助手)


ほぼ予定通りのプランと言って良さそうです。
ただ、個人的にはD1000M戦は最後の砦ですので、1200M以上の距離に拘って使って欲しいなぁとは思います。




本日行われた有馬記念は、ジェンティルドンナが引退レースを飾る劇的な勝利。本当に凄い馬です。
エピファネイアを軸にトゥザワールドとのキャロット馬券を含めた三連複で勝負していたのですが、肝心のエピファネイアが直線力尽き5着。う~ん、残念無念。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment