3歳馬厩舎情報 9/25・10/1及び近況 9/24・9/30

パルティール 3歳 牝 栗毛

9/25 古賀慎厩舎
24日は軽めの調整を行いました。25日は美浦坂路で追い切りました(57秒7-42秒2-27秒4-13秒5)。
「天栄へ見に行って状態は確認していましたが、こちらに来てからもしっかりとチェックを行っています。膝の状態は正直気になるし、歩様もすごく良いというものではないのですが、力はありますから、何とかケアして態勢を整え、一発勝負でチャンスを勝ち取れるようにしたいです。天栄でもメリハリをつけていく時は坂路でビュッと動かすようにし、それ以外は軽めやトレッドミルでの運動にするようにされていたようですので、こちらでもそれに近いイメージを持って調整するようにしているんです。大きいところを何度もやるというよりは北馬場などリラックスできるところで長い距離をじっくり乗ってから坂路に移って1本しっかりと動かすようなものにして今朝追い切りました。予定では3ハロン41秒くらいを考えていたのですが、雨の影響もあってかいくらかタフになっていて狙いのものよりは少し遅くなりました。ただ、走りは軽快ですし、悪くないものでしたから問題ないでしょう。コンディションを見て週末にまた少し時計を出し、来週再び追い切ってレースへ向かえるようにしたいと思っています」(古賀慎師)
10月4日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1200m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

10/1 古賀慎厩舎
1日は美浦坂路で追い切りました(54秒8-40秒4-26秒7-13秒8)。
「今週が競馬の週になりますし、レースは土曜日になることから追い切りは今日行いました。通常はできるだけまわりに左右されないよう馬の頭数が少ない木曜日に行うことが多いのですが、今日は輸送等も考えて水曜日にしています。後半の時間帯に北馬場を大きく使ってゆったりと乗り込み、その後2回目のハロー明けのタイミングに合わせて坂路へ入りました。自分のリズムを大事にしつつ負荷をかけたのですが、今日は重たい馬場コンディションのなかで上々の部類に入る時計でまとめてきましたし、悪くないと思いますよ。膝の状態は正直スッキリしているわけではなく気をつけなければいけないのですが、先週より今週のほうがまだ状態はいいと思えますし、しっかりケアして競馬に臨めるようにしていきたいと思っています。もちろんここで結果を出して将来につなげたいです」(古賀慎師)
4日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1200m)に北村宏騎手で出走を予定しています。


万全とは言い難い状態ですが、ギリギリの態勢は整った感はあります。
相手関係は決して勝てない構成ではなく、勝ち上がる可能性は秘めていると思います。大外枠になってしまったのは残念ですが、そうテンに拘る馬も見当たらないので、すんなり先行出来るような気もします。
何とかラストチャンスを掴んでくれる事を祈ります。


ネオリアリズム 3歳 牡 栗毛

9/24  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。馬体の見た目は決して悪いわけではありませんが、確かに歩様自体もあまりピリッとしませんし、トモに疲れを感じます。今朝は角馬場でじっくり体を解していますが、もうしばらくはゆったりと動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

9/30  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「この中間からウォーキングマシンでの調整を開始しました。マシンでゆったり歩かせていますが、まだちょっとトモに疲れを感じ、特に左の腰の筋肉が寂しく見える状況です。しばらくは馬の状態に合わせてですが、じっくり様子を見て進めていきます。馬体重は515キロです」(NFしがらき担当者)


師の育成傾向からすると、少々時間がかかりそうな感じです。年内の復帰は難しいかもしれません。




凱旋門賞に挑戦するハープスターに関する妄想の垂れ流しは明日にでも。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment