ロケットダッシュ、逃げ粘りを計るもゴール前交わされ2着

ロケットダッシュ 4歳 牡 鹿毛

8/30(吉田厩舎)
30日の小倉競馬では五分のスタートから出ムチを入れてハナを主張。すぐ外をマークされる苦しい展開ながら、直線はしぶとく粘って2着。
「ここにきて少しズブくなっているようで、なかなかハナを奪えなかったのですが、やはり行き切ったらしぶといですね。もう少し楽に前へ行ければもっと粘れると思いますし、このぐらいだと今なら1200mでもいい走りはしてくれると思います」(松山騎手)
押して先頭に立ちましたし、ここでかなり脚を使っているように見えましたが、それでも逃げるとしぶとくこの馬らしい走りを見せてくれました。多少ズブさがあったとのことですが、これで距離延長に対応してくれるようになればまた次につながるのではないでしょうか。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


強引にハナを切ったので今回もダメかなと思いきや、意外な粘り腰を見せてゴール前まで踏ん張りました。
以前は馬なりで先行集団に取りつくほどのスピードを見せていたので、気難しさが増してきたのかもしれません。次走はどの条件を選ばれるかは分かりませんが、そろそろ距離克服に期待したいところです。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment