2013年産募集馬確定

本日待望の2014年度募集確定馬が発表されました。
案の定、血統が魅力的な馬は高額な価格が設定されています。注目していたヒルダズパッションの13はよもやの総額1億2000万円…。相当強気な価格ですが、それだけ出来が良いという事でしょうか。
基本的に馬体の良し悪しは判らないので、個人的な判断の基準は血統と厩舎と側尺。まあ、例え出資したい血統馬がいても、落選実績がない為、諦めざるを得ないのが悩みの種です。

ちなみに現時点で一番気になる存在はレーヴディマンの13(牝 父ディープインパクト)。募集予定リストが発表された時と変わりはありません。ただ、厩舎・側尺に何ら問題なければ大人気間違いなしの血統馬。場合によっては、参戦すら出来ないかもしれません。

預託厩舎・側尺が発表されれば、また考えはころころと変わりますので、カタログが届くのを楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment