ラブラバード、手応え良く直線向くも2着

ラブラバード 4歳 牡 芦毛

8/3(松田博厩舎)
3日の小倉競馬ではゲートをポンと出てジワッと先行。道中は折り合いに専念し、直線は激しい叩き合いになったが、最後は勝ち馬の決め手に屈して2着。
「ゲート内でずっと頭を下げようとしていてチャカチャカしっぱなしだったのですが、いいタイミングでゲートが開いて、すんなりいい位置につけられました。外から被せられそうになったので、早めに外に出した分ちょっと行きたがるところは見せましたが、すぐに折り合いはつきましたし、直線もよく伸びてくれました。勝ち馬の決め手が上でしたが、今日はデキが良すぎたのか気ばっかり前のめりになっていた印象でしたし、使ってガス抜きできればすぐにチャンスは来ると思います」(和田騎手)
久々でもいい仕上がりで臨めましたし、敗れたとはいえ力のあるところは見せた一戦でした。ゲートなどやや気持ちの勝ったところがありましたし、一度使っての上積みも見込めそうです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


結果は残念でしたが、500万下なら上位の存在である事を確認。
大外枠ではありましたが、道中はスムーズでむしろなんら不利がなかった分、言い訳が出来ないレースだったかなと思います。しかし、映像では手応え充分な感じがしたのですが、思ったよりも直線伸びなかった印象。調教の動きがいいだけにやや物足りなさを覚えます。
放牧先で充分乗り込んでいたので仕上がりは悪くなく、上積みがあるかは少々疑問ですが、まともなら次走も勝ち負け出来るとは思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment