2013年産募集予定リスト

7月現在で予定されてる募集馬が発表されました。正直昨年の募集馬は出資時にもブログで触れたように、無理やり絞り切るような感じでしたが、今年は現時点でも非常に目移りします。
やはり注目はディープインパクト産駒なのですが、大人気間違いなしの血統馬がちらほら。ヒルダズパッションの13が何故かサンデーレーシングからキャロットに回ってきましたが、何か訳ありでしょうか。
どの馬も気になりますが、その中でも一番関心があるのがレーヴディマンの13。とは言え、落選実績がないので、最優先枠を使っての抽選に賭けるしかないのが辛いところです。

鉄板配合のアドマイヤサンデーの13(父ジャングルポケット)やシーザリオの13(父キングカメハメハ)、ブルーメンブラットの13(父ハービンジャー)などキャロット色の強い魅力的な血統馬もスタンバイ。更には新種牡馬たちの産駒も気になります。
ちなみに安そうな価格帯で一番食指が動いたのは、クレヴァリーの13(父ダノンシャンティ)。ダノンシャンティは怪我で早期引退してしまいましたが、無事ならマイル戦で無双出来た馬だと思っています。

何はともあれ、また楽しい時期がやってきました。先ずは出資意欲が更に高まるよう、現出資馬たちの活躍を期待したいですね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment