ハープスター、直線だけで全馬抜き去り桜戴冠

ハープスター 3歳 牝 鹿毛



4/13(松田博厩舎)
13日の阪神競馬ではまずまずのスタートもいつもどおり馬なりで最後方を追走。やや縦長の展開も、自分のリズムを崩さずに直線は外に持ち出すと、持ち前の末脚を繰り出して見事優勝。
「休み明けを一度使って、精神的にガスが抜けていい気配でした。レースに関しては、見ていただいたとおりで、本当に強かったです。決して楽な展開ではありませんでしたが、それをきっちり差したのですからしっかりと力を出してくれたと思います。まだワンターンのレースしかしたことがないですし、これからはもっと長い距離やいろんな条件で走っていくことになりますが、ハープも成長してもっと良くなってくれると思います。今日はありがとうございました」(川田騎手)
「ありがとうございました。まずはホッとしました。パドックもいつもどおりだったし、馬場入りすればあとはジョッキーに任せるだけ、と思って見ていましたが、やっぱり強かったですね。私自身、ベガの孫で勝つことができて喜びもひとしおです。今後のことはまず馬をよく見てから考えていきたいと思います。また、応援をよろしくお願いいたします」(松田博師)
涙を飲んだ阪神ジュベナイルFから4ヶ月。ハープスターは断然の1番人気を背負い、見事桜冠を手にして無念を晴らしました。きっちりと仕上げてきた陣営、そしてこの馬の末脚を信じて能力を引き出したジョッキーには心から感謝したいと思います。まだハープスターの物語は始まったばかりです。これから先どんな走りを見せてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません。出資会員の皆様、今日は本当におめでとうございました。


仕事中だった為、レース結果は映像を見るよりも早くお祝いメールで判明してしまった一口馬主初めてのGⅠ勝利。若干感慨深さは薄れてしまいましたが、大興奮の結果です。せめて、リアルタイムで視聴したかったっっっ!!

しかしながら、一口馬主三世代目にてGⅠに手が届くとは思いも寄りませんでした。
実際の話、このハープスターも外れ1位みたいなもので、その世代一番欲しかった馬は母ブルーメンブラットのクリーブラットでした。結局人気を鑑みて、出資出来る可能性の高いハープスターに最優先枠を使った訳なので、単に運が良かっただけですね。


レースの方なのですが、結果を知ってたので安心して映像を見れましたが、リアルタイムで見てた方は直線に入っても最後方で気が気でなかったでしょうね。
邪魔されないようにか、不必要なほど外を回ってのごぼう抜きでしたが、今回は完全に馬の能力で勝たせて貰った感じがします。
負けるのならレッドリヴェールのみと思っていましたが、こちらも流石の走りでした。平年のレベルなら余裕で牝馬三冠勝ってもおかしくない馬だと思います。本当にこの世代の牝馬はレベルが高いとしみじみ感じます。意外と牡馬のレベルもそんなに低くないような気もしますが。

何はともあれ、GⅠ馬に出資をするという夢が本日叶いました。ハープスターのような歴史的名牝に巡り合えた幸運に感謝しなければなりません。育成・調教に関わった全てのスタッフの方々にも厚くお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
そして、ハープスター号と川田騎手には今後更なる活躍を期待したいと思います。
スポンサーサイト

2 Comments

ポラリス  

ハープスター号の桜花賞優勝おめでとうございます。
最後方からのゴボウ抜きで爽快な勝ち方でした。このまま順調なら秋にはロンシャンでの快挙も期待できそうです。今後も楽しみに応援させていただきます。

2014/04/14 (Mon) 09:27 | REPLY |   

猪鹿蝶  

>ポラリスさん

ありがとうございます。
GⅠしかもクラシックを勝つ事が出来、未だに興奮覚めやらずといった感じです。

秋には凱旋門賞挑戦のプランもたっていますが、まだオークスの結果次第ではどう転ぶか判りません。周りを納得させるような走りを見せて、欧州へ羽ばたいて行って欲しいですね。

今後の応援もよろしくお願いします!!

2014/04/15 (Tue) 19:57 | REPLY |   

Post a comment